読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青猫日記〜断酒とジムと日々色々

断酒とジムと、他愛のない毎日の記録。

もう後悔の朝は来ない

こんばんは。断酒565日目の青猫です。

今日も雪の予報がはずれて、仕事帰りにジムに行くことが出来ました。

水曜日は大好きなエアロビクスの日です(^^)

 

でも、なーんか人少なかったですね。

いつものスタジオが、ガラーンと広くて。

「あれ?夜から大雪とか予報出てたかな?」って思ったり、もしかして自分だけ、休講になったの知らなかったのかな?とか心配になりました(^^;

 

どっちもハズレ!

そうです、忘年会シーズンだったんですね。

12月ももう半ば。そしてジリジリと週末に近づいて、これからクリスマス、年末年始……と、仕事や友人間で飲む機会がかなり増えるのではないでしょうか。

 

困っちゃいますね。

「まだみんなにお酒やめたって、言ってない、言えない」っていう人、いませんか?

 

大酒飲みだった私たち。

飲むことだけが生き甲斐で、自分を肯定してくれる唯一のものでした。

「お酒が強い」それだけで羨望の眼差し……鼻高々でいたけれど、ホントはそんなの、ちっとも偉くも何でもなかったんです。

 

気がついたら、丸はだか。

「酔うと面白い」「楽しい人」……エトセトラ、エトセトラ。

そんな言葉で着飾ってきたつもりが、本当は裸の王様だった。

知らなかったのは自分だけ。

ホントはみんなに笑わられてた、だけだった。

 

もう、何十回と迎えて来た最悪の朝。

思い出すと、どこかに消えてしまいたくなるような、あの情けなさ。

体にも、随分と意地悪をして来ました。

朝は自分から自分への、仕返しの時でした。

 

ごめんね、自分。

あなたを大切にしてあげられるのは、私しかいなかったのに。

聞こえないふりして、無理して飲んだ。

誰かに認めてもらいたくて、とにかく注目されたくて。

本当は……本当はこんなこと、望んでやしなかったのに。

ただ、ただ楽しく、みんなと楽しく過ごしたかっただけなのに。

 

もう後悔の朝は来ない。

誰でもない、自分に誓う。

まだまだ弱くて情けないけど、ひとつだけ誰かに誇れるとしたら。

それは「飲まない」こと。きっとそう。

 

負けるな自分! がんばれ自分! 出来るぞ自分!

 

せっかく続いた決意の断酒。

ゼロにするなんてもったいない!

言ってみようよ。「もう飲まない」

みんなのどよめき、ため息、視線……これぞ本物の賛辞。

 

そして明日は最高に気持ちいい空を見上げて深呼吸。

体の奥まで澄み渡るような、そんな朝。

 

イメージトレーニング、出来ましたか?(^^)

忘年会なんかに負けないぞ!

断酒なら、きっと上手くいくさ(^^)/ 

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村