読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青猫日記〜断酒とジムと日々色々

断酒とジムと、他愛のない毎日の記録。

危うい気持ち

こんばんは。断酒497日目の青猫です。

めっきり寒くなりました。

秋晴れの日の朝は、放射冷却で気温がグッと下がります。

そしてカラカラの乾燥も。

手を洗うとハンドクリームが欲しくなります。

ジム後のウェアの洗濯も、遅くなっても朝には乾いていたり。

何気ない暮らしに冬の足音が、聞こえてきている、そんな日々。

 

今日のジムはダンスとコアトレでした。

スタジオももう冷房ではなく、かすかに暖房が入っているようです。

しっかり汗をかけるように、いつでも運動に配慮した温度設定です。

それでも、夏ほどは汗はかかなくなったかな?

レッスンにもよりますが、じんわりとした今日の汗。

 

マシンでの筋トレはグッと力を入れて、筋肉を縮める動作ですが、ストレッチは体を伸ばす運動なんだそうです。

そう言われれば、そんな感じ。

コアトレでグッと力をこめた後は、必ずストレッチで体をほぐします。

そしてその後のリラクゼーション。

ゴロンとマットに寝転んで、腕も足も伸ばして、音楽を聞きながら深い呼吸。

 

「はい、それではそろそろお時間となりました」

インストラクターさんの声を聞いてハッとしました。

今日は眠ってしまったようです。

ほんの10分程度でしたが、もしかして熟睡(^^;

意識が遠のくことはあっても、眠ることは今までありませんでした。

疲れているのかな?

 

トレーニング後は、いつになくお腹がペコペコ。

明日のパンを買わなきゃ、と立ち寄ったコンビニで、やっちゃいました(^^;

お店で見かけたチョコクレープ、つい買い食い!車内で食べちゃったんです(>_<)

トレーニング直後のすきっ腹。

時計は夜の9時を回っていました。

今まで、絶対こんなことはしなかったし、思いもしなかったのに。

よっぽど疲れてたんでしょうか。

甘いものが欲しくて仕方ありませんでした。

 

禁断の実を食べるように、こそこそと夜の闇の中。

クレープをガツガツと食べる青猫。

でもね、最初の一口で「あ、やっちゃった!」って思いました。

甘ったるいクレープは、何だかちっとも美味しくなくて、小さな罪悪感という後味を残して消えていきました。

 

もしかして、こんな感覚は再飲酒に似ているのだろうか?

ふと、思いました。

今までは飲むことなんてあり得ないと思っていたのに、気がついたら手に取っていたビール。

あなたなら、日本酒? チューハイ? ワイン……?

口に含んだとたん、「あ!」と思う。

「失敗した」「飲んじゃった」「どうしよう」

それでも飲むことはやめられずに、空になるまで飲み干してしまうのかな。

残るのは後悔の苦い味。

ちっとも美味しくなかった、お酒。

裏切られた思い。お酒に、そして自分自身に。

 

いや、想像ですけどね(^^;

私はクレープでしたけど、頑張ってる自分を裏切ってしまった、そんな気がしましたよ。

家に帰ってプロテイン飲んだら、何だか苦かったし。

体は正直。

心は嘘つき天邪鬼。

危うい気持ちは、一体どこから来るのでしょう。

目前に迫った日を思いながら見上げる空。

寒そうな月がひとつ。

そんな夜。

 

 

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村