読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青猫日記〜断酒とジムと日々色々

断酒とジムと、他愛のない毎日の記録。

心の距離

こんばんは。断酒494日目の青猫です。

今日はコアトレに行って来ました(^^)

何だかジムも今夜は混んでいましたね。

昨日の悪天候と打って変わって爽やかな秋晴れでしたから、やっぱり昨日来れなかった人が待ちかねていたのかな、とか勝手に想像(笑)

 

昨日のブログにいただいた、はるかさんからコメントに

「ひとりが好きですけど、孤独は嫌みたいです」

という言葉がありました。

心に残る言葉です。

 

私は、とてもおとなしい子どもでした。

え? 信じられない? いえいえ、リアルな私、特に高校生になるまでの私は、本当にどこにいるのか分からないくらい、おとなしくてボーっとした子どもでした。

いつも何かを空想して、物語を作るのが好きでした。

だいたいが心の中の原稿用紙に綴られることが多かったですね。

遠足や修学旅行など、どこかへ出掛けると、必ずそこが物語の舞台になります。

観光していても、見ているのは物語の中にいる自分の姿。

もう、アタマの中は常にそんな状態で、何を見てもお話のひとつのピースでしかありませんでした。

 

ひとりでボーっとするのは、苦手ではありません。

むしろ好きです。

おとなしすぎる性格ゆえ、誰かに何か言われても反論することが出来ず、振り回されたり、いいようにされるのがイヤだったんです。

何か話さなきゃと気を遣うのも苦痛でした。

精いっぱいアクションを起こしても、だいたいが空回りに終わりましたから。

みんなで何かをしなくてはならないような時、その輪に入り切れない自分がイヤでイヤで、そこは自分にとって、いたたまれない最高にストレスな場所でした。

 

心の中では、ちゃんとみんなと上手くやる物語が出来ているのに。

現実は、なかなかそうはいかなかったんですね。

 そんな私が、今はまったく別の人みたいになってしまったお話は、また次の機会に回すこととして。

 

ひとりは好きだけど、孤独はイヤ。

私もそうだったことを思い出しました。

心の距離っていうのでしょうか。

いつもベタベタしていなくても、友だち。信頼出来る間柄。

いつでも話題の輪に入り込めて、他愛なく話せて、いつの間にか姿が見えなくなるけれど、それでもみんな、気にしない。

そんな、つかず離れずの、ちょうど良い距離。

 

高校時代からの友人がそうです。

私が帰省した時くらいしか会えないけれど、会えば一気に高校生に戻るような。

今まで会わずにいた時間を、軽く飛び越えて行くことが出来ます。

 

それから、断酒ツイッター

みんなでワイワイ集まって、面白そうだなと思ったらポンとリプライを投げる。

いつでもウェルカム状態で、すぐに会話が始まって。

「来るもの拒まず、去る者は追わず」、そんな居心地のいい空気が流れています。

 

ただ、そんな気軽な場所だからこそ、自分の中で心の距離をちゃんと意識しないといけないのかな、とも思います。

 

強引に土足で入り込んでいないだろうか?

訳知り顔に首を突っ込んでいないだろうか?

荒っぽい言葉を投げつけていないだろうか?

 

リアルとの境目、バランスの取り方も、まだまだ課題。

大切な居場所だからこそ、きちんと考えなくてはとも、思っています。

 

ずっとそばに、いたいですからね。

断酒と一緒に、いつまでも続けていける距離を探しています。

 

 

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村