読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青猫日記〜断酒とジムと日々色々

断酒とジムと、他愛のない毎日の記録。

飲んだくれていた連休

こんばんは。断酒414日目の青猫です。

今日から三連休~~と言っても我が家はいつもの週末プラス1。みたいな(笑)

今日もいつものように、土曜日のエアロビクスに参加してきました。

毎月変わるステップも、月半ばくらいになると体が覚え始め、ちゃんと動くようになってきます。

そうすると、俄然面白くなるんですよね。

まるでゲームをクリアしていくような、そんな感覚。

ちょっと手の上げ下げが逆になって大笑いになったりしましたが、それもまた良し。「楽しんでますね~~!」とインストラクターさんからフォローされたりして、エアロビクスを満喫しました。

 

子どもの頃、我が家では休みの日は朝から父がアルコールを飲んでいました。

とにかく目が覚めている間中、ずっとお酒。

途中で酔って眠ってしまっても、目が覚めれば喉が渇いたと言って、また飲む。

夫婦喧嘩も絶えなかった気がします。

子ども心に、とてもイヤでした。怖かったこともあります。布団を被って、声が聞こえないように耳を塞いで息を殺していた、小学生の私。

 

絶対お酒はイヤだと、自分は絶対飲まないと、飲むような人とは結婚しないと、あんなに思っていたのに。

ぜーんぶ、逆になっちゃいました。

 

社会人になって、飲む機会が増えて、自分が「飲める」血を受け継いでいると知ったときも、もう抵抗はなくなっていました。

むしろ「飲める」は特技みたいな、褒め言葉みたいな感覚。錯覚ですね。

 

父は飲み仲間が増えたことを喜んでいたようです。

だから、結婚してから休日のお昼ご飯の時に「ビール飲まないの?」って夫に不思議そうに聞いていました。

夫は初めの頃はつきあってくれましたが、そのうち「オレはいい」と言うようになり(^^;

それから、夏と冬恒例の子どもと私の里帰りでは、実家に着くなり父と酒盛り。母は二人分のつまみをせっせと出してくれながら、きっと飲兵衛が増えてうんざりしていたんでしょうね。決まって帰る間際には親子喧嘩になっていました。

実家から戻って来ると、荷物降ろしてホッとして、やっぱりまず、ビール開けてゴクゴク!みたいな。

そして酔った勢いで荷物ほどいて、バリバリと片付け始めたり。

あの頃は、今より家事も頑張っていたような気がします(^^;

そうなんです、イヤなことするときのガソリンとして、アルコールは私に無くてはならないものだったんです。

 

お休みは前日から「さあ!今日はとことん飲むぞー!!」とハイテンションで、飲めることが何より嬉しかったし楽しみでした。

……毎晩飲んでいるくせに、ねぇ(^^;

あっと言う間に冷やしてあったのは飲み干して、新しいのを冷凍庫にぶち込んだり……ありませんか? ありますよね?(^^;

我が家は夫婦で飲むので、缶ビールは箱買いしてましたから、足りなくなってコンビニに走ることも無かったのです。

夫はビールは最初の1本だけという人。あとは焼酎の麦茶割りで延々と飲むタイプ。私はビールが大好きで、ビールのない生活なんて考えられませんでした。

 

でも、あるとき「あれっ」と気がついたんです。

全然ビールが美味しくない。

色々なメーカーのあらゆる種類を試し、ワインを試し、日本酒を試し、ウォッカを試し……。

どれも、私の記憶の「美味しいお酒」の味ではありませんでした。

いえ、お酒はきっと、味が変わったりしていなかった。

変わったのは私。

きっとこのときからが、依存症の始まりだったのです。

 

もう二度と、あの美味しいビールの味は戻って来ません。

でも今は、もうそれはいらない。

毎日泣いたり笑ったり。平凡な日々の繰り返しだと思っていた毎日が、たくさんのサプライズであふれていることに気がついたから。

一日として、同じ日はありません。

同じ想いのもとで頑張る断酒するみんなの毎日が、私の心に潤いを与えてくれています。

 

今日もたくさん、笑顔と涙をありがとうございます(^^)

私も少しでも、返せたらいいな。

嬉しい笑顔、やさしい涙を。

 

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村