読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青猫日記〜断酒とジムと日々色々

断酒とジムと、他愛のない毎日の記録。

切なさのすき間には

こんばんは。断酒547日目の青猫です。

今日は土曜日。ゆっくり起きて、のんびりと午後からジムへ。

インストラクターさんともエアロビクスの話が出来て、満足の一日だったのですが、あれ、なんか……キタきた来た~!(>_<)

 

飲酒欲求とまではいきませんが、危ない思考がチラッ、チラッと、こちらをのぞいておりました。

 

友だちから来たメール。

数日前出した喪中はがき。それが届き始めたようです。

嬉しいです。私のことを気にかけて、心配してくれるメールの数々。

本当は、少し前から感じてたんです。

メールのせいだけなんかじゃなくて。

今年ももうあと1ヶ月程になって来て、思い出すのは、実家での年越しの日々のこと。

 

紅白歌合戦の出場歌手が決まって、いよいよ年の瀬がやって来る。

大晦日はいつも、息子と父と過ごす夜。

私たちは「ガキの使い」を見て、父は別のテレビで紅白。

同じフロアにいながらも、それぞれがのんびり迎える新しい年。

「今年は幸子の衣装は見られないのか、何だアッコも出ないのか」きっと残念がったんだろうな、なんて思ったり。

大好きだったサブちゃんも、早やばや卒業宣言しちゃったし、もう知らない歌手ばっかりになっちゃったよ、お父さん。

仕事の都合で元旦に帰省した時は、お雑煮作って待っててくれて驚いた。

 

思い出せば、キリがない。

こんな切ない思い出も、飲んでた頃なら、お酒と一緒。

エンドレスの悲しみを肴に、いつまでもいつまでも。

 

でも、もうその選択肢は私には無くて。

ただゆっくりと切なさを、噛み砕いては飲み込んで。

たまにはこんな、感傷にひたる夜もいいかな。

なんて強がる。でも、それも認めよう。

 

ほら、こんな夜だって飲まないでいられるよ、お父さん。

私はもう、違う道を歩いて行くんだよ。

でも思い出だけは、しっかり持って。

泣きべそから、きっと笑顔に変わるから。

 

切なさのすき間には、もう酒の入る、余地は無い。

 

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村