読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青猫日記〜断酒とジムと日々色々

断酒とジムと、他愛のない毎日の記録。

ボージョレな、おつきあい

こんばんは。断酒515日目の青猫です。

今夜はジムでコアトレの日でした。

いつもと同じようにしていても、もう夏のような汗が出なくなりました。

大汗かいていた頃は、ボタボタ落ちて来る汗がとてもイヤだったのに、今は何だか少し寂しい。

そんなものなんでしょうね。滝汗にノスタルジー(笑)

 

そろそろ10月も後半に入り、やって来ました毎年恒例のおつきあい。

……ボージョレ・ヌーヴォーの予約です。

 

飲んでいた頃から、ワインは得意じゃありませんでした。

東京時代、残業食と言いながら散々飲んでいた私たち。

ここ、あくまで職場の同僚も上司もいたので「たち」とさせていただきます(笑)

 

先輩がかなりのワイン好きで、お店でボトルワインを注文。

……私も一緒に、1人1本ずつ、飲みました。

あの頃は、お酒なら何でも飲んでみたかったんです。

何をやってもパッとせず、いるかいないか分からない、存在感も才能も何もない私が、ひとつだけ注目されたのが「酒が飲める」ということだったから、です。

 

「お酒強いって凄いことなんだ」って、一緒に飲んでいるみんなから言われて有頂天になっていました。

そう、吞兵衛の血が父からしっかり受け継がれていたんです。

 

あ、ちなみに長男はイマイチですが、次男はめっぽう酒が強くて、受け継いじゃったなぁと少し不安です。

夫もかなり飲み、その父もやっぱり……。

次男はサラブレッドのようですが、酔い潰れることなく、ちゃんと調節しながら飲んでいます。

そしてどこで仕入れたのか「合間に同量の水を飲む」なんてことをやっています。

私が断酒する直前くらいの頃、珍しい日本酒を見つけて来ては、一緒に飲むのが楽しみでした。

それが今は、私はもちろんですが、次男も家では飲みません。

一緒に飲んでいる時も、「今日はこのくらいでいいや」と切り上げたりしていました。ちょっと安心。複雑な親心です。

 

大きく脱線しましたが、話はワインでしたよね(^^;

とにかく色々飲んでた私ですが、ワインも結構飲みました。

でも、悪酔いするんですよね。

二日酔いどころか、夜中酔い。

散々みんなに迷惑をかけました。そしてやっと、ワインは自分には合わないな、という結論に達したという、恥ずかしい過去があります(^^;

 

そんなわけで、ボージョレ・ヌーヴォーの予約の季節です。

仕事のおつきあいで、買わねばなりません。

去年は「料理用になるかな」と一番安いのを買いましたが、かなり長いこと冷蔵庫の場所塞ぎでした。

ドアを開けるたび、顔を合わすのもいい気がしないと気がつきました。

 

今年もおつきあいのお願いが来て、うんとうんと悩んで、バラエティーチーズセットに決めました。

「お、いいじゃないチーズなら」と思ったあなた、甘いです。

 

過去、ワインのお供にと買ったことあり。

とても小さなチーズのかけらたちの詰め合わせでした。

その中の、ヤギの乳で作ったチーズがどうしてもダメでした。

口元に運んだだけで、獣の臭いが口いっぱいに広がりました。

ケモノにかぶりついたことはありませんが、獣臭でした。ダメでした。

 

だから、絶対もうそれは買わないと決めていたのに。

仕方なく。

今日、注文用紙を書きました……。

次男もボージョレは、飲みません。飲まなくていいです。

飲まないものを頼むより、少しでも可能性のあるチーズを選ぶ。

もしかしたら、今年は食べられるようになってるかも、知れないから(泣)

 

明日も断酒を信じて歩きます(^^)/

 

 

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村