読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青猫日記〜断酒とジムと日々色々

断酒とジムと、他愛のない毎日の記録。

断酒していなければ

こんばんは。断酒473日目の青猫です。

 

父は依然小康状態を保っています。

昨夜は父の手をずっと握っていました。

冷たい手でした。

 

手をつないだのは、何十年ぶりでしょう。

いつの間にか、きゅっとはまり込む私の手。

まるで父が握り返しているような、そんな気がして仕方ありません。

 

父の顔を一晩中見ているうちに、だんだんと気持ちが落ち着いて、やがて来るであろう神様のお迎えも、素直に受け入れられそうな気がしてきました。

 

父がくれた静かな時間。

これからのことを妹と一緒に考えました。

いつ急変するかも知れません。

それは神様に委ねられたこと。

 

一番の気掛かりは、バタバタと後にした仕事のことです。

こんな時ほど、遠く離れて暮らしたことが悔しくてなりません。

母の時もそうでした。

今回、父は待っていてくれました。

そんな父の旅立ちを一緒に見送ってあげたい。

でも、どこまでそれが許されるのでしょうか。

 

思い切って上司に電話。

「仕事のことは考えなくていいから。悔いのないように、お父さんのそばにいてあげてください。仕事なんて何とでもなるんだから」

感謝の言葉を伝えながら、泣きました。

きっと、たくさんの人に迷惑を掛けてしまうことでしょう。

それでも今は、その言葉に甘えさせてもらおうと決めました。

 

今夜は実家で休むことにして、父は病院にお願いしてきました。

 

久しぶりの我が家。

驚くほどキチンと片付いていて、急に入院したなんて信じられないほどです。

 

そして冷蔵庫にはギッシリと黒ラベルのビールが(^_^;

 

ただでさえこんな夜、妙な気を起こさないとも限りません。

慌てて見えないところに押し込んで、断酒ツイッターに投稿。

 

断酒していなければ、こんな夜は絶対に飲んでいたことでしょう。

でも今は、もう逃げません。

支えてくれる仲間たちがいるのです。

 

今夜は少し自分も開放。

自粛していたはずのリプライも、いつも通りに。

変わらず迎えてくれる仲間たち。

大丈夫、今の私はひとりじゃない。

しっかりと感じられました。

 

断酒していて良かったな。

みんなに出逢えて良かったな。

 

今夜は早く休みます。

皆さん、本当にありがとう(^-^)

 

前を向いて、しっかりと。

 

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村