読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青猫日記〜断酒とジムと日々色々

断酒とジムと、他愛のない毎日の記録。

何もかもは、出来なくても

こんばんは。断酒427日目の青猫です。

今週も、あっと言う間でした。

私の一番の出来事は、やっぱり水曜日の飲み会ですね。

ちょうど週の真ん中で、前半のドキドキそわそわと、後半のホッとした気持ち。

気がついたら、金曜日。

今日も大好きなコアトレに行けて、水曜日に買っておいたご褒美アイスをやっと食べて。

 

一週間はあっと言う間でしたが、一日として同じ日はありませんでした。

断酒ツイッターでも色々なことがあって、泣いたり笑ったり、たくさんの人たちの思いが交差して、ツイートもどんどん増えていきます。

以前、ツイッターは流れていく音楽のようだと書きました。

そこに留まることなく、常に流れていく言葉の旋律。

でも、その音は決して美しい、楽しいものだけでは無いということに、やっと気がつき始めた……そんな気がしています。

 

言葉は自由です。

誰もが心に思ったこと、嬉しいときは「嬉しい!」ってはしゃいで、悲しいときは「悲しい……」ってつぶやいて、忙しいときは「こんなに大変だった!」ってぼやいて。

「こんなこと言ったら変に思われるかな?」「無駄なツイート多いかな?」私も考えます。悩みます。

言葉は自由だけど、受け止めてくれる相手がモニタの向こう側にいる。

受け止め方はさまざまで、一喜一憂。その繰り返し。

でもね、それが普通。それでいいのだ(^^)

大切なのは、自分を出せてるのかな、ってこと。

現実では言えない、飲み込んでしまった大切な思い。

そっと言葉に紡いで、送り出してあげたい。

自分の中に渦巻くたくさんの想いを、ウェブの空の彼方、海の向こうに、解き放って叫んでみる。

叫びは命の証。生きてる鼓動。私の真実。

 

だから、負けない。あなたも、負けないで。

どうにもやりきれない夜は、勇気を出して自分の想いと対決したい。

もう逃げるのは、やめたはず。

飲んだら想いは逆流して、体の中で暴れ出す。飲めば飲むほど、出口は無い。

いつもいつもいつも、その繰り返しだった。

とっても暗い、真っ暗な夜。その繰り返しだったはず。

 

言葉にしよう。

想いはみんなが、ちゃんと拾ってくれるから。

何も言わない。隣にいるだけ。そばにいるだけ。

あなたの言葉を聞いていたいな。ただ、それだけ。

 

「何もかもは出来なくても、何かひとつはきっと出来る。」

大好きな「元気の出る猫語録日めくり」の言葉です。

元気の出る猫語録日めくり〔万年カレンダー〕

 

たったひとつ、出来ることをお守りにして。

断酒さえ、出来ていれば、それでいい。

それさえあれば、きっとみんな、大丈夫。

 

信じています(^^)/

 

 

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村