青猫日記〜断酒とジムと日々色々

断酒とジムと、他愛のない毎日の記録。

はじめての二日酔い

こんばんは。断酒268日目の青猫です。

 

昨日の昼、妹からLINEが来ました。

甥っ子がゼミの打ち上げで朝帰り。

さっき起きて来たけれど、今までに経験したことのない体調不良。

どうも二日酔いみたいだけど、どうしたらいいの?という内容でした。

妹一家は飲まない家庭、酔っ払いとは無縁です。

 

はじめての二日酔い(^^)

覚えていますか? 覚えてないです、私。

覚えていられないくらい、沢山たくさん二日酔いしてきましたから。

 

飲むと脳が酔っぱらって、理性の鍵がどっかへ飛んでいってしまいます。

「結構飲めるんだね!」「お酒強いね!」「飲むと面白い人だったのね」

こう言われるのが、とっても嬉しかったなぁ~。

真面目でイイコが私のレッテル。

声も落ち着いているとかで、おっとりしてるねって言われてきました。

でもホントはね、そう思われてるってこと

全部、ぜーんぶキライでした。

 

ホントの私はそうじゃない。

もっと面白いこと考えてるし、全然落ち着いてなんかいないし、甘えたいし不安だし、悪い感情も渦巻いてて、ぜんっぜんイイコなんかじゃないんですから。

 

ぎゅっと押し込められてた感情が、鍵のかかっていない扉から、うわぁ~っと外へ逃げ出して、開放感に酔いしれて。

 

でも気がつきました。最初の頃はそれが気持ち良かったけれど、だんだん、飲まないとホントの自分が出せなくなってきていることに。

飲めば明日の風まかせ。今が楽しければいいじゃない。刹那的でなぜいけないの?

飲まない自分は自分じゃないの?

こんな思いを抱えながら、二日酔いの朝を迎えた日々。

 

そんな葛藤とも、もうお別れして9カ月になろうとしています。

毎日、朝が待ち遠しい。空を見上げて、雲と空の織りなす今日を見つける喜び。

これこそが、開放感なんですね!

f:id:aonekoon:20160221162940j:plain

断酒は楽しいことや嬉しいことばかりじゃありません。

それでも、私にとって飲まない朝は最高に素敵なのです。

 

はじめての二日酔いに接して心配する妹。

「吐いてるし、下痢もしているみたい…もしかしたらノロウィルスかも」

この時点では、どちらとも言えません。

「とにかく体の中から悪いものを出し切って、様子をみて。

二日酔いなら、夕方くらいに嘘のように元気になるから」

 

今朝のLINEで「夜には元気になった」という知らせがあり、ホッとしました。

はじめての二日酔いが、お酒とのつき合い方を考える良い経験になりますように。

 

ちなみに我が子。飲むのは飲み会くらいですが、その時はとことん飲むタイプ(^^;

幸か不幸かまだ二日酔いはありません。

このまま上手に、おつき合いしてくれることを願っています(^^)/

 

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村