読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青猫日記〜断酒とジムと日々色々

断酒とジムと、他愛のない毎日の記録。

飲まないことを選んで、そして。

こんばんは。断酒628日目の青猫です。

 

「自分は依存症じゃないかも知れない」って思うこと、ありますか。

 

多少飲みすぎるところはあったけど、そんなに人様に迷惑かけた覚えはないし。

同僚の〇〇の方が、よっぽど失態さらしながらも平気な顔して飲んでる。自分なんか可愛い方だった。

病院で診断されたわけじゃない。病院に行くほどでもなかったし。

何より、今ここまで飲まずにいられたこと、それは依存症じゃないということなのでは………?

 

私も、たまーに、こんな考えが脳裏をかすめることがあります。

 

断酒で繋がったツイッター仲間の間でも「断酒でなく節酒」「今は飲まないけど、一生飲まないわけじゃない」という声が聞こえてきます。

 

アルコールと自分との関係に悩んで、たどり着いた断酒仲間の集うツイッター

ここには本当に沢山の人が、色々な思いを毎日つぶやいています。

壮絶な人生あり、勇気ある決断あり、涙ぐむ優しさあり。

その人の気持ちに寄り添って、自分に当てはめて考えて、一緒に泣いて、喜んで。

そんな中で「自分は禁酒にする」「今は飲まないけれどこの先は分からない」こう口にすることは、本当に勇気のいることです。

 

きっとこれまで、うんと考えて、悩んで、自分にも相手にも正直でいたい、そう決意して告白してくれたのだと、思います。

 

そして、ふと考えるのです。

冒頭のような問い

「自分は本当に依存症なのだろうか」と。

 

思い返せば、飲んでいた頃の楽しい思い出。

美味しかったお酒の数々。

そう、上手くつきあっていた時もあったんです、私だって。

 

でも、もう一度思い出してみるのです。

お酒で悩んだ日々のこと。

もうお酒なんて絶対に飲まないと、血を吐くような痛みとともに誓った時のことを。

 

私には、お酒はもう必要じゃない。

マインドフルネスでも大切な「今、ここ」。

過去でもなく、未来でもなく、昨日でも明日でもない、今。

お酒はいらないんだ、って、今の私の声が聞こえます。

 

出した答えは別々でも。

私たちの友情は、ずっと続く。

そう信じても、いいですよね。

信じちゃいますからね!(^_^)

 

お酒で悩むすべての人がやって来きて、心を開ける。

そんな場所であると、信じています。

 にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ

にほんブログ村