読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青猫日記〜断酒とジムと日々色々

断酒とジムと、他愛のない毎日の記録。

氷点下の夜のひとりごと

こんばんは。断酒596日目の青猫です。

今日は日本のあちこちで、雪が降りましたね。大丈夫でしたか?

 

昼過ぎ、ジムに行こうと外に出たら、青空の下の車は雪だるま。また深夜から早朝にかけて降ったようです。

雪下ろしをしていたら、時間ギリギリになってしまいました。

 

要領が悪いんですよね、私って(^_^;)

子どもの頃から、親にもよく言われました。

人の親となった今も、それは全然変わってなくて、毎日ドタバタ生きてるなぁって思います。

 

今夜は、ゆっくり断酒ツイッターを見ていました。

ツイッターを始めて1年以上にもなるのに、未だに使いこなせてません。みなさん、ちゃんとタイムラインをチェックして、たくさんの会話や情報が行き交っていることに今さらながら驚きます。

私は、声を掛けてくれたフォロワーさんとのやり取りでもう、精一杯。せっかく知り合えた断酒仲間のつぶやきも、全然読めていなかったんだなぁと気がついて、情けなくなりました。

 

言葉だけの、文字だけのやり取り。

受け取る人によって、どんな意味にも変化して、広がっていく不思議な世界。

この人は、どんな思いを乗せてつぶやいているのかな。

私はちゃんと、わかってるのかな。

私の気持ち、伝えられているのかな。

 

ブログもそうですが、私のリプライは「長い!」と子どもたちに言われています。

あらためて見て、うん、やっぱり、長い……(^_^;)

ついつい話し込んでしまう、要領の悪さ。

だからタイムラインの途中までしか行けないのだと自覚して「いいね」だけ押そう!と決めて回っても、やっぱり思わず声掛けちゃうんです、そして繰り返すエンドレス(^_^;)

 

お喋りな青猫。

子どもの頃は、おとなしくて、居るかいないか分からないなんて言われていたのに。

だからなの。

無口でも、ホントは誰かと話したかった。

想いで心はいっぱいだった。

でもね、でもね。

お喋り猫は危険です。

つい、うっかり、土足で心に踏み込んで、気がつかないでいるのかも知れない。

自分の話に夢中になって、誰かを置き去りにしていないでしょうか。

 

リアルには無い、人間関係を学ぶ場であるのだと、最近やっとわかってきたようで。日々気づき、反省。受け入れて、ちゃんと抱えて。

 

今夜は想いがいっぱいで、何だか上手くまとまりません。

こんな日もあるけれど、心のままに書いておく。

こんなこと思ってたのかと懐かしく、笑って読める日のために。

 

寒い寒い冬の夜。

あったかツイート、ありがとう(^_^) 

 にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ

にほんブログ村