読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青猫日記〜断酒とジムと日々色々

断酒とジムと、他愛のない毎日の記録。

夏の断酒

こんばんは。断酒428日目の青猫です。

やっと北の地も梅雨明けし、連日30℃超え…暑いです。

お散歩ランは朝の涼しい頃に出掛けているはずなんですが、今朝はムシムシしてましたね。

こんな日は、お散歩多めにするんですが、それでも帰宅後の汗は滴ってました。

 

暑い日は、なんにもしたくなーい! 体だるーい!

そんなときこそ、体を動かして全身に「やる気ホルモン」を行き渡らせたい!

そう、動かないと動けないんですよ、人間は(笑)

以前は扇風機の真ん前でラジオ体操とかもしてましたね。

今はジム。ジムは一年中運動に適した環境(公称)ですから、暑い日は家より快適です。暑い日のジム、おすすめです(笑)

 

夏になってから、断酒を始める人って意外と多いような気がします。

「気になってるけど、禁酒は夏が終わってから」というのは、普通に飲める人なの台詞かな。

暑くなって、大いに飲む機会が増えて、会社帰りにビアガーデンに行ったり、休みの日のアウトドアや自宅のお昼に「暑いからビール!」って気軽にプシュッとやったり。

そんなときに、あれ?って思う自分の飲み方。

飲んでも飲んでも、もの足りなくて、なぜか記憶が途中からなくて、次の日はメガトン級の二日酔い。

毎回こうだから、今回はセーブして~と思うんだけど、これが出来ない。

一滴入ればリミッター解除で大活躍。正義の味方どころか、悪の手先みたいにカッコ悪い結末。

穴があったら入りたい、知り合いにはしばらく会いたくない、どうやって仕事行こう、どの面さげて……と、情けなくて仕方ない「やらかしちゃった事件」。

「とにかくやめる!」「もう絶対飲まない!」

そう決意して、断酒スタートの夏。

 

断酒スタートに夏はもってこいなんですが、断酒している自分には、危険な夏でもあるんです。

無防備に冷蔵庫を開けると、目に飛び込んで来た茶色の小瓶。

いつもは飲まない長男が、休みの日に飲もうと思って買って来た「とっておきのビール」。

とっておきだから、すぐに飲むわけじゃないんでしょう、何度も何度も茶色い小瓶と顔を合わせるんです。

夫が飲んでる安ものの発泡酒なら、全然平気なんですが。

この瓶は、危険なオーラをまとって私の視界に飛び込んで来るのです。

そーっと隅っこに、移しちゃおうかな。

でも手が触れると、何かが起きてしまいそうで、怖い。

そんなここ数日を過ごしています(^^;

早く片付けちゃってくれーー!

 

普通に飲める人になりたかった。

でも、普通って、どのくらい?

適量って、どのくらい?

答えが出て来るはずもなく。私には適量なんてないのだから。

 

炭酸水をグラスに注ぎながら、弾けて消える泡のように、思い切り良い自分でいたいなって思います。

ビールみたいにいつまでも、グラスの底に残ってる、そんな未練な泡ではなくて。

 

断酒で夏、楽しみましょうね!(^^)/

 

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村