読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青猫日記〜断酒とジムと日々色々

断酒とジムと、他愛のない毎日の記録。

断酒695日 良いことだけを見つめていよう

私がクリスチャンになったのは、母の死がきっかけだった。だからと言っては言い訳になるけれど、教会には通っていない。

 

妹夫婦が熱心なクリスチャンで、義弟は牧師の資格を持つ。聖書を贈ってもらって、アドバイスももらって。焦らずに、自分に合う教会に出会えたらそこへ行こう。そう思いながら年月が流れ、現在に至る。

 

聖書の御言葉(みことば)をメッセージにして配信してくださる牧師さんがいる。長崎の教会で、通える距離にはないけれど、いつもそのメッセージに励まされて来た。

 

忙しい奉仕の中、送られる不定期なメッセージ。しかしそれはいつでも、私の心に深く響くタイミングで届くのだ。まるでいつでも私を見てくださっているかのような、そんな響きをもって。

 

数日前、久しぶりに届いたメッセージ。

 

あなたは何を見つめていますか。

良いものを見ると良い心が育ち、

悪いものを見ると悪い心が育ちます。

 

毎日色々なことがある。誰だって、いつも幸せいっぱいなはずがない。みんな、心に不安を抱えて生きている。やりきれない思いに打ちのめされることもある。這い上がれない自分を悔やむこともある。ほとほと自分と言う存在が嫌になって、もう全てを消し去りたくなることだって、数えきれないくらいある。

 

だからって、良いことがひとつもないってワケじゃない。

 

嬉しかったこと、笑ったこと、誰かと一緒にうなずいたこと、感激したこと。たとえ小さな良いことだっていい、それをいつまでも大切に、しっかりと抱えていよう。

 

アタマにきたこと、酷いと思ったこと、憎んだこと。数えきれないほどあるけれど、いつまでも黒い思いに引きずられていくのは、もうやめよう。黒い思いは黒い現実しか見ることが出来ない、濁った眼。

 

信じていよう。あの人を、あなたを、自分自身を。

大切なあなたが、いつも笑顔で咲いてくれますように。

良いことだけを見つめていよう。

 にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ

にほんブログ村

断酒694日 やりたくてやりたくて、しかたなかったこと

ずっと、ずっとやってみたかったことがあった。

いや、たいしたことじゃない。

大好きなエアロビクスと、アクアビクス。

どっちかひとつしか、選べないと思ってきた。

ジムに通うことを決めたときに、アクアビスとはお別れした。

 

ジムが楽しくて、土曜日に大好きなレッスンが2連続で入ったときに、ああもう無理だなと、喜びの向こうで少しだけ寂しかった。

もう、水着を着ることもないんだなと、箪笥の奥に仕舞い込んだ。

 

時が流れ、あのときの気持ちが変わった。

自分が変わった。

出来るかも知れないと、思うようになっていた。

 

私とアクアビクス。

切っても切れない縁があった。

水に入った後のお酒は格別に美味しかった。

身体も心もクタクタに疲れ切った土曜の夜。

お酒に溺れるのは、水の中にいるような心地よさがあった。

 

忘れられない思い出があった。

笑いながら一緒に通ったあの人は星になった。

またプールに行きたかったと、病の床で書き残した、あのときの力強い視線は今でも私を見つめている。

 

ジムのスケジュールが変わらない以上、もう縁がないと思ってきた。

思うようにしてきたわけなのだけど。

 

断酒が私の背中を押した。

やってみようよと、ささやいてきた。

心に灯った希望の灯。

今日はやっと、それをかなえに行く。

 

申し込みをしたとき、嬉しくてたまらなかった。

でも、体調が悪くなり、やっぱりキャンセルするべきか

もう縁が切れてしまったのかと、哀しかった。

 

それでも断酒は私に言った。

諦めちゃいけない。希望は持ち続けてこそ、かなうのだと。

焦ってはいけないと。

そう、今まで、ここまで待ってきたのだから。

 

しかし運命というやつは、そう簡単にはいかないもので

プール初日はまだ抜糸前、

プール2回目はジムをセーブするという事態になった。

 

先週のアクアビクスは、それは感動的だったのだけど

(何しろ3年ぶり!)

それでも、まだ、私の野望は完成しなかったのである。

 

それが、今日やっと現実になった。

 

他人に話せば呆れた野望。

野望じゃなくて、無謀だろうな。

それでもやりたくて、やりたくて、やっとやれたのだ。

 

心地よい疲れ。

食欲があり過ぎて止まらない。

プール前にご飯を食べ、帰って来ておかずを食べ、

もうダメだからと歯磨きをして眠る準備を整えても、お腹がすく。

 

生きてるって、こういうことなんだ。

理屈じゃない。

本能が求めるんだ。

これからも、生きていくために、カラダが叫ぶんだ。

 


Rod Stewart - What A Wonderful World

 

明日はあちこち、痛むかも知れないけれど。

その痛みが、待ち遠しくてたまらない。

今日という日に、ありがとう(^_^)

 にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

断酒693日 飲み会の楽しみ

今日は嬉しい飲み会だった。

と言っても、私のじゃない。夫の飲み会(笑)

今回は、退職したOBも出て来るとかで楽しんで来た様子。いつも一次会で飛んで帰って来るひとが、やっとさっき帰宅した。

 

夫が飲み会でいない日は、とにかく早く帰宅して、息子たちとの夜を楽しむ。ピッツァや中華、スイーツなどなど。思いっきりジャンクなものを食べながら、映画や録画を見て過ごす。

 

本日の出し物は、録画3本に映画が1本。映画館に行こうかと言ったけど「特に今、見たいものはないから。それより家でアマゾンプライムビデオがいい」という、今どきの若者的なお答えだった(笑)

 

www.amazon.co.jp

 

今日はノー残業デー。

おまけに金曜、週末、夫の飲み会。三拍子揃ってしまって、もう退勤間際からドキドキわくわく落ち着かない。

 

こんな気持ちは久しぶり。

飲んでいた頃の、飲み会に出掛けるときみたいだなって、気がついておかしくなった。あの頃は飲んで騒ぐことが楽しみだったのに、今は息子と過ごす飲まない飲み会が、待ち遠しくてたまらないのだ。

 

今夜は近所のお花見スポットまで、夜桜を見に行こうかと思っていた。でもあいにくの肌寒さ。まだまだ蕾もかたいらしい。

 

楽しみはひとつずつ、少しずつ。それもいいよね、ゆっくりいこう(^_^)

 にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

断酒692日 ジムに行かない日

今日は仕事も定時で終了。

まあ、ゴチャゴチャと色々あったけど、とにかく退勤すれば仕事のことはスパッと忘れたいものである。

 

それなのに、それなのに。こともあろうに、今日はジムがシステムメンテで休館とは。さてどうしよう?キチンとした奥様なら、サッと帰っておかずの一つも追加するのかも知れないが、そうでない私は寄り道を考える。

 

友だちが絶賛していたプリンを探してみようかな。

初夏用のトレーニングウェアを見に行こうかな。

 

なぜか今回はこの二択。飲んで帰ろうかというより極めて健康的思考。いや車だから、それ最初からない選択(笑)

 

残念ながらプリンは見つからなかったけれど、ウェアは買って帰って来たよ(^_^)

 

ちょうど先週プールに行ったとき、着替えて帰るのにジーンズが煩わしかった。公営プールには学校程度のシャワーしかなく、もちろんシャンプーもボディーソープも使用厳禁。

 

もっと湯シャンを極めれば良いのかも知れないが、塩素のきついプールだと、ゴワゴワになった髪はお湯だけでは戻らない気がしている。

水着の上からサッと浴びて、髪も乾かさずに一目散に帰宅が一番だ。

 

が、しかし。塩素まみれの体はジムのシャワー後とは全く違う。衣類が張り付き、着替えるのも手間取るばかり。足がジーンズをうまく通らず、無理な体勢で足がつってしまうという悲しい出来事が、私をウェア探しに旅立たせた。

 

 

パッと行ってサッと着替えてプールにドボン!サッと着替えてパッ!

 

と帰ってくるのが私の理想。

 

プールの後、友だちはスーパーで値引きの惣菜を買って帰ると別れたけれど、そんなことしようものなら、糸の切れた凧性格な自分は、きっといつまで経っても家に帰れないことだろう(^_^;)

 

軽い素材のウェアを見つけて、これで今週のプールは楽勝だなっ!とニタつきながら帰宅した。

 

目的のものは買ったけど、ちょっと物足りないアフターファイブ。

 

実は昨日のエアロビクスで、午前中は体がバキバキだったのだ。ちょうど良い休息だったと、思うことにしておこう。

 

それにしても、1週間のエアロロス、恐ろしや。さらに明日も予定ありでジムロスなのだ。大丈夫か? いやいや、だいぶ普通の生活になって来ているということで、今夜は満足しておこう(^_^;)

 にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

断酒691日 あの時の私には

春の嵐で大荒れのお天気。

窓の外は台風が来たかのような暴風雨。

不安そうにみんなで外をうかがいながら仕事。

仕事が終わる頃には、雨は小やみに。

 

エアロビクスに行ってきた。

1週間ぶり。

土曜日は足の具合を考慮して見送った。

少し前だったら、考えられないような心境。

そのせいか、ふくらはぎの内出血も沈静化。

今日は思いっきりエアロビクスを楽しめた。

たった一日休んだだけ。

ちゃんとカラダは動いたし、いつもと何も変わらなかった。

変わったのは私の心。

しっかりと、落ち着いた。

絶対休まない、なんてガツガツしていた自分に手を振って。

好きだからこそ大切にする。

そんな気持ち、わかってきたんだ。

 

帰宅して、食べて、片付けて。

あっと言う間に時間はまわる。

やりたいことが沢山で、やらなきゃなことも沢山で。

時間が全然足りてない。

本も読みたい、映画も見たい。

家族や、みんなとお喋りもしたい。

今まで、どうして飲んでたのかな。

あの頃の止まった時間を呼び戻したい。

でもね、気がついたこともある。

あの時の私には、飲んでる時間が必要だった。

時間を止めて、意識を止めて、

ただただ、酔いつぶれていく情けない時間が

確かに、確かに必要だった。

それだから、今ここに。

今ここに、いるんだと。

自分を認めて、抱きしめて。

明日も歩いていけますように(^_^)

 にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

断酒690日 そして今夜で500記事

こんばんは。断酒690日目の青猫です(^_^)

今夜は青猫日記500記事目にお出でくださり、ありがとうございます。

ちょうど、はてなブログ今週のお題「自己紹介」ということで、初心にかえり、ブログを始めた頃のことなど、思い返してみたいと思います。

 

私、青猫は2015年5月30日、お酒をやめることを決意して現在に至ります。それまでは、自他ともに認めるビール大好き、飲み会大好きな猫でした。

 

なぜ猫かと申しますと、アルコールが入って酔ってくると、猫のようになるとよく言われていたからです。

 

猫のようになるって、どんな?って、言われた時は私も思いましたよ。そう言い出したのは、今は亡き仕事の大先輩である女性上司だったのですが

「酔うとね、こう、そばに来てピトッとくっついて、猫みたいなの」

と教えてくれました……が、そう言われても、本人は酔っぱらっているわけで、シラフの時に聞いても、全然理解出来ませんでした(^_^;)

 

まわりにいたみんなも「うんうん」言っていましたが、やっぱり分からなかったです。そしてこのヨッパライ猫は、もうたぶん出現しない予定なので、「酔うと猫」疑惑は永遠の謎となったのでありました。

 

あ、青猫の名誉のために付け加えておきますと、猫になるのは女性限定だということです。ヨカッタ、変な猫じゃなくて(^_^;)

 

酔った時の記憶というのは、本当にスカッと久遠の彼方に飛んでしまうものですね。私も飲み会が楽しければ楽しいほど、記憶がまったくないのであります。

 

週末の飲み会を過ぎ、週明けのお昼休みなど、だいたい飲み会の時の話題で再度盛り上がっています。女性の多い職場なので、ワイワイとそれはにぎやかです。

 

みんな、どうしてそんなに、覚えているんでしょうね? 私はもっぱら「青猫さん、あのとき可笑しかった~」とか「あんなところで転んじゃって、可愛かったよね」とか「ホントに良く飲んで、もうおしまいになさいねって言ったら、しょんぼりしてたよね」なんて他人から言われた自分のヨッパライ加減に、苦笑いするばかりでしたが。

 

ホントにそんな面白そうな酔い方してたの? 私、全然覚えてないし、そんな余裕ないほど二日酔いで苦しんでたんですけど。

 

もしかして、私ってお酒弱いのかな? みんな、飲んだ次の日の土曜日や日曜日、午前中からちゃんと買い物行ったりお出掛けしたりしてるみたいなんですよ。気分最悪でトイレと布団を行ったり来たりして、アタマくらくらガンガンで起きてられないのって、私だけなんじゃないのかな?

 

ああ、もっとお酒に強くなりたいなーと、ずっと、ずーっと思っていたのです。

 

無知! 馬鹿! 阿呆!

 

これが青猫の自己紹介です(^_^;)

いやホントに、今なら分かるんですけど、あの頃は真剣にそう思ってました。「お酒弱いから二日酔いしちゃうんだ」って。

 

別の意味でお酒に弱くは、あったと思いますけどね。お酒の飲むと自分が弱いので飲まれちゃう。自分はもうどこにもいなくって、お酒で化けた自分もどきだけが、そこにいるんです。まさしく化け猫です。

 

お酒に弱い青猫が断酒を決意するまでは、今までも書いてきたのでここではスキップさせていただきます。

 

では、私が今日まで飲まないでいられる秘密を書いておこうと思います。それはジムです。このブログタイトルにもあるように、ジムでのトレーニング、エアロビクスが、ぽかっと空いた飲んでいた時間をきっちりと埋めてくれているのです。

 

ストレス感じたら、まず「汗かきたい」と思うようになりました。息が上がるほど体を動かすと、アタマの中が空っぽになります。汗を流すと、イヤな気持ちが一緒に流れていきます。

 

そしてその後に飲む炭酸水の美味しいさを覚えたからだと思います。私はいつも、シークワーサー果汁で割って飲んでいます。これは断酒直前に好きだった、シークワーサーのリキュールが発端です。

 

大好きだったビールも、純米酒も、ウォッカも、何もかも美味しく感じられなくなった時、唯一私をホッとさせてくれたのが、シークワーサーで作ったお酒でした。これはほんの1杯飲むだけで、幸せな気持ちにさせてくれて、悪酔いしない不思議なお酒でした。私はとても幸せな気分で、大切に少しずつ、そのお酒を飲むのを楽しみにしていたのですが。

 

断酒する!という想いは、あるとき突然やって来ます。まったく準備も何もあったもんじゃありませんでした。先に分かっていたのなら、大切なシークワーサーのお酒を全部飲みきってからにしていたでしょうに。

 

なかなか入手しにくかったそのお酒は、まるまる1本残ってしまい、長い間冷蔵庫のドアポケットに番人のようにたたずんでいました。ほとんど飲めないのにそのお酒に目をつけていた長男に、「飲んでいい?」と言われてつい「いいよ」と言った途端、大切な大好きだったお酒はあっと言う間に姿を消しました。

 

切なかったです。未練でした。でも、サヨナラ、私の愛したお酒。

 

そして炭酸水にシークワーサー果汁を入れたものを飲んだとき、私は彼女(彼?)に再会したのでした。彼女もやっぱり、私と同じでもうアルコールを必要としなくなっていたのです。あの頃と同じ幸せを、彼女……シークワーサー炭酸は、今も私にささやいてくれています。

 

青猫断酒の三種の神器

ジム、シークワーサー炭酸。そしてそして、忘れてならない大切な最後の武器。

 

それはブログです。私はこのブログを書き始めてから、たくさんの人たちに出会い、ツイッターを知り、そこで色々な断酒する人たちの喜びと悲しみの姿を見て来ました。

 

一緒に喜んだことも、泣いたことも、思いがすれ違って悲しくなったこともあります。ブログを書くのも、ツイッターにいるのも辛くなったこともありました。

 

それでもやっぱり、人は人の中でしか生きられないと感じています。どんなに人に疲れて傷ついても、救われるのは誰かの何気ない一言の言葉だと気がつきました。

 

私がこうして毎日ブログを書き続けていけるのは、一緒に断酒の道を歩く皆さんのおかげです。読んでくれる人がいて、語りかけたい人がいて、青猫日記は毎日、頁を増やしていけるのです。

 

私の一番大切なもの、断酒してからの全部が詰まった宝物。それがこの「青猫日記」なのであります。毎日、一緒に言葉を紡いでくれているのは、他でもない、読んでくださる、あなたです。

 

心からの感謝と、愛をこめて。

 

青猫日記は今日で500頁になりました。これからも、どうぞ一緒に、頁を増やしていってくださいませ(^_^)

 にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

断酒689日 あなたはどちら?定年の光と影

職場にて。

隣りの席の部長が困り顔。

数年前にあったプロジェクトを再開することになり

そのために必要な物資を調達しているところ。

でも、その経路が不明。

あちこちに問い合わせても、思うようにならないと言う。

 

青猫「〇〇さんに聞いてみては?」

〇〇さんとは、現部長の前任者。

定年後雇用の契約も終わり、退職してから約2年……

そう、長く青猫日記を読んでいただいている方には

「ああ!」という伝説の部長。

私が断酒を決意した、最後の飲み会が〇〇部長の送別会だった。

 

現部長「うん…今まで、不明なことを〇〇さんに問い合わせたりしてきたんだけどね……」

言いにくそうに口ごもる部長。

青猫「覚えてないんですか?」

現役を引退すると、ポカッと仕事のことなんか、忘れちゃうものなのだろうなぁと思ってそう聞いたのだが、返って来たのは意外な答え。

部長「何を聞いても、どんどんトンチンカンな方向に行っちゃって、

話しにならないというか……」

青猫「……電話したくなくなっちゃったんですね」

うん、と大きくうなずく部長。

 

〇〇さん。

快活で、明るくて、大声で、人望のある人だった。

ビールが大好きで、私によく、パワハラまがいの言葉をかけてガハハと笑っていた人。

「今夜も、帰って寝るまで飲むんでしょう」という退勤の挨拶。

「昨日もたくさん、飲んだんじゃないの」という朝の挨拶。

酒ハラスメントとでも、言うべきか。

まあ、その頃はしっかり飲んでいたのだけれど。

 

それでも、仕事は男気があり、部下のミスも決して責めたりはしない人だった。面倒な仕事には見て見ぬふり、というところも無いではなかったが、それでも大らかで仕事がしやすい上司であった。

 

そんな〇〇部長が、引退して2年足らずで、もうボケてしまったというのだろうか。

確かに、お酒は強かった。

宴会前、いつも一番に会場入りして、自腹で先に飲み始めていた。

家での晩酌は、缶ビールロング缶を1本と焼酎水割り2杯くらいと話していたけど、どうだったのか。

豪快な性格で、取引先とのおつきあいも少なくはなかっただろう。

 

ここで思い出すのが、〇〇部長と同期で同じころにリタイヤし、偶然同じジム仲間だったバリトン部長のことである。

aonekoon.hateblo.jp

 バリトン部長は引退後、しっかり自己管理しながらジムライフを満喫しているような、絵に描いたような楽しい老後(失礼!笑)の実践者だ。

この前、よくエアロビクスで一緒になる女性とスタジオが始まるのを待っていたら、階段下にいたバリトン部長に、彼女が笑顔で会釈していた。

「知っているの?」と聞くと

「旦那が筋トレしていて仲良くなって、今日一緒に飲みに行くって言ってたの。色々なこと知っていて、話が面白くて勉強になるってもう、旦那のお気に入りなのよ」

「へぇ~! あの人、部署は違うけど同じ職場だったよ」

「そうなんだ! ねえ、何してた人なの?」

……こんな話で盛り上がったことが、記憶に新しい。

 

やっぱり、飲むんですねバリトン部長。

というより、ここで話題にしたいのは、〇〇部長との違いである。

同期で、同じように定年まで中心となって仕事をこなして来た二人。

バリトン部長がどんな飲み方をするのかは知らないが……

いや、この二人の明暗をアルコールで決めつけてしまうのは強引かもしれないが。

やっぱり、自分を良く知るということ、

そして実行出来るということが、大きな違いとなって表われているような気がしてならないのだ。

 

どちらになりたいかって、それは、やっぱり……。

 

雨にも負けず 風にも負けず

自分自身をいつもしっかり見つめている

そんなオトナに私はなりたい(^_^)

by宮澤青猫(笑)

 

〇〇部長へ 心配です。(元のんべ部下あおねこ) 

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村