読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青猫日記〜断酒とジムと日々色々

断酒とジムと、他愛のない毎日の記録。

断酒694日 やりたくてやりたくて、しかたなかったこと

ずっと、ずっとやってみたかったことがあった。

いや、たいしたことじゃない。

大好きなエアロビクスと、アクアビクス。

どっちかひとつしか、選べないと思ってきた。

ジムに通うことを決めたときに、アクアビスとはお別れした。

 

ジムが楽しくて、土曜日に大好きなレッスンが2連続で入ったときに、ああもう無理だなと、喜びの向こうで少しだけ寂しかった。

もう、水着を着ることもないんだなと、箪笥の奥に仕舞い込んだ。

 

時が流れ、あのときの気持ちが変わった。

自分が変わった。

出来るかも知れないと、思うようになっていた。

 

私とアクアビクス。

切っても切れない縁があった。

水に入った後のお酒は格別に美味しかった。

身体も心もクタクタに疲れ切った土曜の夜。

お酒に溺れるのは、水の中にいるような心地よさがあった。

 

忘れられない思い出があった。

笑いながら一緒に通ったあの人は星になった。

またプールに行きたかったと、病の床で書き残した、あのときの力強い視線は今でも私を見つめている。

 

ジムのスケジュールが変わらない以上、もう縁がないと思ってきた。

思うようにしてきたわけなのだけど。

 

断酒が私の背中を押した。

やってみようよと、ささやいてきた。

心に灯った希望の灯。

今日はやっと、それをかなえに行く。

 

申し込みをしたとき、嬉しくてたまらなかった。

でも、体調が悪くなり、やっぱりキャンセルするべきか

もう縁が切れてしまったのかと、哀しかった。

 

それでも断酒は私に言った。

諦めちゃいけない。希望は持ち続けてこそ、かなうのだと。

焦ってはいけないと。

そう、今まで、ここまで待ってきたのだから。

 

しかし運命というやつは、そう簡単にはいかないもので

プール初日はまだ抜糸前、

プール2回目はジムをセーブするという事態になった。

 

先週のアクアビクスは、それは感動的だったのだけど

(何しろ3年ぶり!)

それでも、まだ、私の野望は完成しなかったのである。

 

それが、今日やっと現実になった。

 

他人に話せば呆れた野望。

野望じゃなくて、無謀だろうな。

それでもやりたくて、やりたくて、やっとやれたのだ。

 

心地よい疲れ。

食欲があり過ぎて止まらない。

プール前にご飯を食べ、帰って来ておかずを食べ、

もうダメだからと歯磨きをして眠る準備を整えても、お腹がすく。

 

生きてるって、こういうことなんだ。

理屈じゃない。

本能が求めるんだ。

これからも、生きていくために、カラダが叫ぶんだ。

 


Rod Stewart - What A Wonderful World

 

明日はあちこち、痛むかも知れないけれど。

その痛みが、待ち遠しくてたまらない。

今日という日に、ありがとう(^_^)

 にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村