読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青猫日記〜断酒とジムと日々色々

断酒とジムと、他愛のない毎日の記録。

時間という名の魔物について

こんばんは。断酒656日目の青猫です。

最近とても思うこと。

毎日が早い!!(^_^;)

 

今に気がついた訳でもないのですが、この頃本当に感じてます。

同じ時間に、起きて、支度して、出掛けて、仕事して、ジム行って、帰って、ご飯食べて、ブログ書いて寝る。

いつも気がつくと、

「あれ、昨日と同じところにいる」

って思うんです。

「さっきまで昨日だったのに、もう今日だ」

って。

 

ゾウの時間 ネズミの時間―サイズの生物学 (中公新書)

ゾウの時間 ネズミの時間―サイズの生物学 (中公新書)

 

 

そしてその密度が、濃いのか薄いのか、よく分からない。

例えば、同じことしていても、合間にツイッターが出来て、ブログが読めて、コメントも書いて、買い物にも行ける日があるけど。

逆に、絶対必要最低限のことで手一杯な日もあって。

 

何が違うのか、よく分からないのだけど、でも、やっぱりどこかが違う。どこかが同じじゃない。

 

タイムマネジメントの本なんかによれば、隙間時間を上手く使えだとか、ボーっとテレビを見てないでさっさとやれとか、そんなことばかり書いてある。

 

でも、そんなことは百も承知。

実際にやってみるには、相当の精神力が必要なんだと思うし。

それに、そんなことは、あんまりしたくない。

 

飲んでいた頃、時間は無限だった。

時間は止まった。

濁った時間の流れの中で、ぐるぐると渦を巻いたその中心。

心は時に溺れていた。

 

取り戻したい。

澱んだ水の奥深く、落としてしまった大切なもの。

それには心の体力がいる。

まだまだ、まだまだ、力はそこまで及ばなくとも。

 

今日はただ、そんな水底を見つめながら、そっと時間を手放してみる。

さらさらさらさら、こぼれ落ちていく時間の流れ。

流されるんじゃなく、流れて……いきたい。

 

 

明日はどんな時間が流れていくのでしょうね(^_^)

どこかで、あなたの流れと合流したいな。

そう、いつも思っています。

 

 にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ

にほんブログ村