読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青猫日記〜断酒とジムと日々色々

断酒とジムと、他愛のない毎日の記録。

吹雪の夜のホワイトデー

こんばんは。断酒655日目の青猫です。

ホワイトデーですね。

夜から雪になり、こちらは文字通りのホワイトデーになりました。

 

今日は仕事が長引いて、ジムのコアトレは半分あきらめていました。

出来るだけ時計を見ないようにして、とにかく必死。

仕事の区切りがついて恐る恐る時計を見たら

「行ける! 間に合う!」

もうバタバタと片付けてジムへとひた走りました(笑)

 

滑り込みセーフ!って感じでスタジオへ。

すでにスタジオ入口には開始を待つ人たちの列。

慌てて着替えてその列に並んだ時、ワクワクした気持ちがこみ上げてきました。

何かを待つときの期待と喜び。

ああ、何だかこんな感じは久しぶり。

残業中はドンヨリ黒雲、でもだからこそ晴れてきた明るい空が嬉しくて仕方ない……そんな感覚。

1時間のコアトレは、この日一番の幸せな瞬間になりました。

 

帰ろうと外に出たら、辺り一面は真っ白な雪景色に変わっていました。真冬のそれと違って少し気温が高いので、雪はどんどん積もっていきます。

車で走ると吹雪は黒い空をバックに、こちらに流星みたいに向かってくるように見えるのです。

漆黒の吹雪の中を走る……幻想的です。

中国道には、これから始まる夜間の道路工事の人影が、いくつも広がっていくところでした。

吹雪に立つその姿が、何とも雄々しく、厳しい北の国に働くたくましさを感じます。

 

きっと、この地に暮らさなければ見ることが無かった世界。

人生は、思わぬ岐路で急展開するものですが、「きっとどの道を選んでも、それが最善の道である」と、どこかで聞いた言葉を今、静かに感じています。

 

お酒が飲めなくなってしまったことは、誰よりお酒が好きだった私たちにとって、とても辛い選択でした。

でも、断酒したからこそ見ることが出来た、さまざまな瞬間。

そのわずかな光をつなげながら、これからも生きていくのでしょうね。

結果として、最高に素敵な選択だったと言える、その時のために。

 

ゆく冬を惜しみながら。

そして春を、待ちわびながら。

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村