読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青猫日記〜断酒とジムと日々色々

断酒とジムと、他愛のない毎日の記録。

プチ依存症者と病

こんばんは。断酒629日目の青猫です。

今夜はちょっぴり残業になりました。

 

どうしても今日が締め切りの仕事が終わらなくて。

幸いそんなに長い時間にはならずに済んでプチ残業(笑)

そして、明日は職場の「ノー残業デー」です(^_^;)

プレミアムフライデーを意識したのか?今週、急にお達しがありました(笑)

しかし、ノー残業デーのために残業したような、そんな気がしないでもないんですけど。

あんまり深く考えるのは、やめときましょうか(笑)

 

 

断酒の友人と話していた時のことです。

「プチ依存症者」と友人が自分を指して言いました。

なるほど。友人は私より少し先を歩いている断酒erです。

すっかり飲まない毎日が当たり前になってきている私たちですが、飲み会となると依存症の虫が疼きます。

 

目の前で飲んでいる人たちのペースが何だか遅く感じたり。

飲み放題のお代わりの数を自慢気に話す会話に、自分の方がもっと飲めると思ったり。

「もう関係ない」はずのことなのに、こんなこと、つい思ってしまうんです。

やっぱり私たちって依存症なんですね(^_^;)

 

友人がしみじみと言っていました。

「プチ依存症者と言っても、例えばガンだとしたら充分患者だと思います。ステージX、完全に罹ってますね。ステージ0.1や0.3でも、病には変わりないですよね」

 

実は先週亡くなった知人は胃ガンでした。

普段は元気で、たまに胃の調子が悪いと胃薬を飲むくらい、誰でも思い当たる程度の自覚症状でした。

でも、実は末期ガンに侵されていたのです。

知らず知らずに毎日を過ごし、気がついた時は他の臓器にも転移していました。

そして医師は言ったそうです。

「この状態で立って歩いているのが不思議なくらい」だと。

 

こういう人、多いんじゃないでしょうか。

ガンじゃなくて、アルコール依存症の話ですが。

自分の飲み方に何の疑問も問題も感じずに飲んでいて、たまに少し飲み過ぎてハメを外したり、二日酔いに苦しんだり。

飲んでた時の記憶が無いと言って笑ったり。

……本当は立派なアルコール依存症の症状が、じわじわと来ているのに、自分はただの飲兵衛だと思い込んでいる。

 

もしかしたら、一生気がつかずに、お酒が原因で人生を終わるのかも知れません。それも仕方ないと、日々身体のあちこちの不調を感じ、諦めながら。これは、私の父と被るところがある気がします。

そして、知人のように「病には負けたけど、いい人生だった」と生涯を閉じる、ある意味幸せな人もいるのでしょうね。

事実、ガンとの闘いからの生還者として、断酒を選び、明るく力強く日々を送る断酒仲間もいます。その生き方に、とても励まされます。

 

さて、自分の飲み方はどこか変だ、もしかしたら依存症かも知れないと気がついてしまった私たちは、どうなのでしょうね?

知らずにいた方が、ある意味幸せな人生を送ることが出来たのでしょうか。

知ってしまったことは、果たして不幸なのでしょうか。

 

答えは、私たちの中に。

今、答えを導き出しているところ。

難問です。でも、ややこしいほど、解けた喜びは大きいはず。

 

私たちは挑んでいます。

誰でもない、自分の本当の人生に。

 

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村