読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青猫日記〜断酒とジムと日々色々

断酒とジムと、他愛のない毎日の記録。

可動域

こんばんは。断酒623日目の青猫です。

今日はまたもや全国的に雪模様の一日でしたね。

 

こちらも降りましたよ~~!

吹雪です。ホワイトアウトです。

昼過ぎに青空、また吹雪、ちょっとやんで、また雪。

そんな一日でした。

 

帰りに薄暗くなった空は、晴れて雲の間から青い空が見えました。

もう暗くなってきてましたが、ちゃんと青空って分かりましたよ。

そして、大きなお月様。

明日は満月ですが、お天気はどうなのでしょうね?

 

整形外科に行きました。

薬を飲んでいると痛みは無いけれど、やめて2~3日するとまだ痛い。ピークの時ほどではないけれど……そんな疑問をぶつけてみました。

「今処方している薬は痛み止めの中でも弱いものです。これで抑えられるなら、薬を続けて様子を見ましょう」

この病院は、最小限の薬で出来るだけ自然治癒を目指すという方針です。そのせいか、いつ行ってもすぐに診察の順番が来ます(^_^;)

……良い病院なのか、それとも???

 

「痛みのある時は、動かさないようにした方が良いのですか」

「お風呂の中で温めて、グーパーしたりして動かしてみてください」

そしてまた、1週間分の同じ薬をもらって来ました。

これで炎症を抑えている間に、良い方向に向かう「こともある」のだそうです。

半年後、1年後も良いかということは、誰にも分からないのだそうです。それはそうでしょうね。でもね、だから病院に行くのですよね。

「何も無くても、1年に一度とか、検査してみるといいですよ」

何か、この先生には負けた気がしました(^_^;)

お風呂の中で、動かしてみています。

痛みを我慢せず、薬も飲んでいます。

ジムでも無理せず……動かしてみています(^_^;)

 

思い浮かべたのは、可動域。

動かせる範囲で動かそう。動けるような環境で。

捻挫をした足をいつまでも庇っていると、ちゃんと歩けなくなるよ!と、子どもの頃に言われたこと。

手術した後、すぐに看護師さんから「動け動け!」と追い立てられたこと。

 

大事なのは、動こうとする意識なのかな。

辛くて痛くてもうイヤで、座り込んだり寝転んだり。

心にヒリヒリ大きな傷が出来た時でも、そーっと、少しずつ、動いてみる。動ける範囲、動かせるような、痛みを感じない暖かな環境で。

 

同じ志しを持つ仲間のいる、暖かいこの場所。

動けるかな? 大丈夫かな?

そーーっと手足を伸ばしてみる。

少し動くと、広がる気がする。可動域。

少しずつ、少しずつ。

心、ほぐれて。

 

 にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ

にほんブログ村