読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青猫日記〜断酒とジムと日々色々

断酒とジムと、他愛のない毎日の記録。

手を握る二人

こんばんは。断酒613日目の青猫です。

今日も寒さの厳しい一日でしたね。

 

ここ数日、お昼休みが終わると私とお局さまは、手を握りあっています。

……え? 何書き始めるんだって?

手ですよ。手(^_^)

 

お昼ご飯を食べた後は歯磨きタイム。でも、職場のトイレはとっても寒いんです。

個室に入っている時は、暖房便座なのでどうにか凌げるのですが、洗面台はもう極寒。

窓をしっかり閉めていても、外にいるような感覚です。

そしてまた、水が冷たいんですよね~(^_^;)

そのまま美味しく飲めそうなくらいキンキンに冷えてます。

凍えないように、大急ぎでみんな歯磨きするのですが、それでも心身ともに冷え冷え。

デスクに戻ると熱いコーヒーの入ったカップで指先を温めています。

 

「なに~? コーヒーで手、あっためてるの? コーヒーすぐに冷めちゃうでしょう」

コーヒーカップにあたっている私を見て、お局さまが言いました。

 

「だって手がとっても冷たいんですもん」

ほら!とお局さまにくっつけると、

「うわっ! 何て冷たい手をしてるの、あなたは!」

と怒られて、しっかと手を握られました(^_^;)

 

「わっ!何でこんなに熱いんですか!」

逆に驚く私……お局さまの手、燃えてるみたいにアツアツなんです。ホント驚きました。

「あなた、いつもこんなに冷たいの? 心が氷なんでしょう」

お局さま~~、それを言うなら「手が冷たい人は心があったかい」じゃありませんでしたっけ?(^_^;)

「お局さまこそ、命燃やし過ぎですよ!」

すかさず応戦。

「まあ! 何ですって? これ!こういうの、何ハラって言うのかしらね? パワハラ?」

これがパワハラだったら、いつものアナタは何なのでしょうか(笑)

 

でも、本当にお局さまの手、あったかいんです。

「気持ちいいでしょう」

って、優しく?手を握りしめてくれる日々(^_^;)

 

「平熱、何度あるんですか?」と聞くと「36.6℃かな」

驚きました。私の平熱と約1℃違います。

体温の1℃って、大きいですよね。

 

さすが、いつも元気で「インフルエンザなんか罹ったことない」って豪語してる、いぶし銀のようなヒトです。

さぞ免疫力が強いんだろうなぁ。

 

私、冷え性で手も足も冷たいんです。

足の冷えは、よくふくらはぎの筋肉が無いからとか言われています。

週2のエアロビクスで鍛えた子持ちししゃものような「ふくらはぎ」なのに、感じる冷えはあまり変化ないのは、なぜなんでしょう。

 

そんなワケで、ここのところお局さまが手を握ってくれる昼下がり。

早く春が、来ないかなぁ~~(^_^;)

 にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ

にほんブログ村