読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青猫日記〜断酒とジムと日々色々

断酒とジムと、他愛のない毎日の記録。

分岐点

こんばんは。断酒609日目の青猫です。

やっぱり、いつもの時間。いつものPCの前にいます。

 

昨夜は「旅に出るかも」なんて書きましたが、今日一日、一瞬にして私は自分が旅に出るイメージを体験してきました。

 

それはね。

私の旅は……あまり詳しくは書けないのですが、今朝、身近な人が不治の病に罹っているということを知った……そこから出発することになりました。

 

本当に意外で。信じられなくて。

まだ若く、これからという人なのに。

たまに顔を合わせると、アウェイな私に気をつかって、よく声をかけてくれました。会話も笑顔もとても自然で、ああこんな風に誰とでも接することが出来たらなぁと思う、そんな人なのです。

クリスチャンの私にとって、死は終わりではありません。それでもやっぱり、この世の暮らしが終わることには変わりなく、未練であろうなと、色々、いろいろ考えました。

 

自分がもしも、この世にあとわずかしかいられないと知ったなら。

どうするだろう? 何を思う? 何がしたい?

 

飲んでいる頃だったなら、浴びるほどお酒を飲んで、悲しみがボロボロになるまで飲んで飲んで、暗い深い谷底に転がり落ちて、ただ死の影に怯えていたんじゃないでしょうか。

 

でも今は、誤魔化せないストレートな感情を真正面から受け止めて、どうにかしなくてはならないのです。

それが「再び飲む」という選択には、たぶん、きっとならないであろうなと思うのは、やはり自分は蚊帳の外にいるという、秘かな安堵感からなのでしょうか。

 

ここで両極端な二つの考えにたどり着きました。

 

もう終わりだからこそ、まだ見ぬ何かを求め、やりたいように生きるのか。

死を目前にした限られた時間、だからこそ、今ある何かを成し遂げるのか。

 

あなたなら、どちらを選びますか?

 

私も考えました。死へ向かう旅のシュミレーション。

自分はいったい、どうするだろう。

 

答えは今、ここにいる自分。

でも、欲張りなのでどちらかなんて、選びません。

期限を切られたからこそ、可能性を追いかけたい。

出来る出来ないじゃない、やりたいんだと。

やりたいことは、きっと多いほどいい。

何かひとつくらいはきっと、手に入るから。

諦めない。痛む足を引きずってでも、歩みは止めない、前を見て。

 

命を見つめる旅に出て、我に返れば、いつもの私がここにいました。

 

ブログのコメントや、ツイッターに、暖かいメッセージを本当にありがとうございました。一緒に考えてくれた皆様に感謝します。

引き戻されたような、今朝の出来事。

疲れた肩を叩いてくれる、優しいメッセージ。

「さあ、一緒に歩こうよ」

私にはそう聞こえます。

毎日一歩。一歩ずつでも、前へ向かいます(^_^)

 にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ

にほんブログ村