読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青猫日記〜断酒とジムと日々色々

断酒とジムと、他愛のない毎日の記録。

スリップなんかじゃ終わらない

こんばんは。断酒604日目の青猫です。

大切な友人が、スリップしたと連絡をくれました。

 

友人とは、私が断酒初期の頃からのつきあいで、一緒に励ましあいながら断酒を続けてきた戦友のような間柄です。

友人も断酒1年を越え、私もすっかり安心していました。

職場の環境は決して良いとは言えないようで、かなりストレスの溜まる仕事を黙々とこなす毎日だったようです。

 

友人は言っていました。

「何度も、何度も躊躇した。でも、今回だけは耐えられなかった。もう、本当にどうしようもない。何で結局、飲んでしまうのだろうか。やっぱり、アルコールの前では無力。これが依存というものなのだろう」

そして「もう自分のことは忘れて欲しい」と。「今までありがとう」と、こう言うのです。

 

友人はブログもツイッターもしていませんが、私の書くものを読んでくれていました。

今日もきっと、読んでくれると信じて書きます。

 

果たして、スリップはエンドカードなのでしょうか。もうこれで、すべてが終わりなのでしょうか。

 

私たちは、アルコールの前では無力です。

私たちにとって、アルコールは恐ろしい存在です。

だからこそ、飲むことを躊躇い、恐れ、飲んでしまったことに絶望を感じるのでしょう。

でも、そこでおしまいですか?

再び飲むことを決意するまでには、時間が必要かも知れない。

どんなに後悔しながらも、飲むことが止められないかも知れない。

でも、アルコールに対する想いに違いはないはず。

アルコールが自分にとって最強の敵であること、憎むべき存在であること、乗り越えたい壁であること。

この想いは、今、どんな状況にあろうとも、絶対に変わらないはず。

この想いがある限り、私たちは繋がっている。

繋がっているべきです。

孤独になっては、いけないのです。

自分を恥じることはありません。人間は弱い存在だから。

心を持たないアルコールには、とうてい勝てない、無力で、ちっぽけで、哀しい存在なのですから。

でも、だからこそ、独りになってはいけないんです。

孤独がアルコールの一番欲しているものだから。

今は辛くて、情けなくて、悲しみの中に沈んでいたとしても。

絶対に立ち上がれる。歩き出そうと思える日が来る。かつてのあなたが、そうだったように。

 

話しましょう。どんなにアルコールが自分を苦しめてきたかということを。どんなに酷いヤツだったかということを。

泣いて泣いて泣いて、身体の中からも、心の中からも、アルコールを全部出しきってしまうその日は、きっと来る。そう信じています。

 

私だって、どうなるかはわかりません。

ただひとつ確かなことは、私たちの闘いは生涯続くということです。

断酒していても、していなくても。

私たちはもう気づいてしまったのだから。

アルコールという悪魔の存在に。

そしてこの闘いを始めてしまったのです。

もう降りることは出来ないと覚悟を決めました。

 

これからも、どうか一緒に、いてください。

aonekoon.hateblo.jp

 にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ

にほんブログ村