読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青猫日記〜断酒とジムと日々色々

断酒とジムと、他愛のない毎日の記録。

クリスマスにあなたは還る

こんばんは。断酒576日目の青猫です。

今日はクリスマス。イエス様がお生まれになった日です。

街は明るいクリスマスソングがあふれ、楽しそうな人たちの笑顔ばかりが目につく。

クリスマスを楽しむ喧噪の中。

たったひとりで、今頃あなたは、どこにいるのでしょうか。

クリスマスの青猫のひとりごと。

今夜は、ひとりぼっちだと思っている、あなたへ贈ります。

 

孤独だって、またあなたは言っていたね。

楽しそうにしていても、毎朝おはようって呟いていても、心の隅っこに何か、冷たいものがある。それを感じ始めていたのかな。

私もね、あなたと同じだったって言ったら、あなたは信じてくれるかな。

笑顔の奥で、ふっと感じる冷たいもの。

どんなに熱く汗をかいても、それは温まることがなかったって。

 

今までは、こんな気持ちはお酒で誤魔化していけたのかも知れない。

でも、お酒は癒してなんかくれないって知ってしまった。

お酒はその冷たいものを、もっともっと冷たい塊に変えてしまう。

酔って眠って、目が覚めればそこには途轍もない絶望感。罪悪感。嫌悪感。

そうだよね? そうだったよね? それがたまらなく嫌で、あなたはお酒をやめたんだったよね?

 

断酒したって、世界が変わるわけじゃない。

いいことばかり、起きるはずもない。

一縷の望みを託した断酒も、思い通りに生きるのはやっぱり辛かった。

人がいる。人が集まる。言葉が生まれる。通い合う。

音のないコミュニケーション。伝わるのは、どんな思いなの。

それは私の、あなたの伝えたかった気持ちなの?

受ける人で私は変わる。受ける人であなたが変わる。

違うのに。そうじゃないのに。

もつれ合った言葉の糸が、いつからだろう絡まって、もう届かなくなっていたのは。

 

違う、そんなことじゃないって、あなたは言いそうだね。

自分が悩んでるのは、もっと現実的なことなんだって。

そうだね、私はリアルなあなたを知らない。

どこで何をして暮らしているのか。

どんな思いを持って生きてきたのか。

本当の気持ちなんて、わかるはずないって、そう思っているでしょう?

 

もう届かないのかな。

奇跡は起きないのかな。

それでも、このクリスマスの夜に祈るよ。

どこにいても、あなたのその悲しみを分かち合えますようにって。

あなたが思い出せますようにって。

一緒にいた、あの毎日。

今日も一日。そう言って確認しあった朝。

あなたの眼には、あんなにも優しい自然が映し出されていたことを。

あなたの映し出した世界に、どれだけの人が優しい気持ちになれたかってことを。

 

的外れ? 何言ってるんだって?

それでもいいよ。

私は私の思いを書くよ。

何があっても、何て言われても、あなたの心を繋ぎ止めるよ。

 

生きよう。

あの日捨てた命なら、生きよう。生きてみよう。

きっと飲むことと同じくらい、それは後悔だけしか残さない。

あなたの心に。私の心に。みんなの心に。

生きよう。

辛くても、悲しくても生きていよう。

それが、あなたと私に与えられた、これまでの試練なのだから。

 

きっと届くと信じて待つよ。

あの時、あなたがあの子に思った気持ちと同じ。

どうにか繋ぎ止めたくて、懸命になっていたあなたを忘れない

「俺は飲まないよ。苦しむの止めたよ。帰ってこい」

どこにいても、何をしていても、あなたを思うよ。

あなたの悲しみを分かち合えると、信じているよ。

 

クリスマスにあなたは還る。

それは冷たい闇の中じゃない。

ここだよ。ここなんだよ。

私とあの子とみんなの待つ、ここがあなたのHomeなんだよ。

 

信じてる。

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ

にほんブログ村