読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青猫日記〜断酒とジムと日々色々

断酒とジムと、他愛のない毎日の記録。

断酒555日。数字と言葉の魔法

こんばんは。断酒555日目の青猫です。

すみません、500日だ、550日(1年半)だ、555日だってうるさくて(^^;

 

でも断酒って、こつこつ粛々の地味な毎日でしょう?

数字がだんだん大きくなって、大台だったりキリ番だったり、節目に差し掛かるととっても嬉しいんです(^^)

……そして厄介なことに、キリ番前ってなぜか心がザワザワしてきたりするんです。私の場合は天邪鬼が出て来ます。

「お、そろそろキリ番か! ここで飲んだら、さぞ面白いことになるだろうなぁ」

ってね(^^; いや、面白くなくてイイから! 普通に平穏な、心穏やかな時間が過ぎればそれで充分なんですから。

そのザワザワを乗り切れた、小さな達成感がまた嬉しくて(^^)

 

断酒が私たち元飲兵衛にとってのライフワークでも、普通に飲む人たちには「何やってんの今さら」的な、何でもないこと。

そうです、何やってんのです(^^;

だからこそ、ひとりお祭り気分で。ちょこっと断酒仲間にお祝い言ってもらえたりしたら、もうそれでまた頑張れる。ささやかだけど、一番のご褒美なんです。

 

555は元気につながるGOGOGO!

567、678、777、そして999、やがては1000夢の4桁へ(^^)

もう残り半分切りましたからね、ここまで来たら後へは引けません。

……って書いてやる気満々に日付計算サイトで日数入れてみたら、なんか気が遠くなる日でした……(^^; あんまり深く考えないことにします。

サイトのリンクも貼りません。興味ある方はググってくだざい(笑)

 

そうですよね、断酒始めた頃は、とにかく一日が長くて長くて、こんな日が来るなんて考える余裕もなかったんですから。

おっ! 555まで来たか、こりゃラッキー!くらいに考えておくのがいいかな。

あんまり遠くを見過ぎずに、転ばない程度の前を向いて(^^)

 

12月に入り、あちこちで年の瀬の声を聞くようになりましたね。

これからお酒が絡むイベントは目白押しです。

私の職場は飲み会が少なくて、年末よりも年明けの方が危険な時期。

巷のざわめきに耳を貸さないようにしていれば、12月はどうにかなりそうです。

 

年末は、大晦日から東京に帰ることにしました。

実家がなくなって、今年はどうするの?って職場の人とかに聞かれたり。

でも妹が「ウチにおいで」って言ってくれるので、その言葉に甘えて故郷での冬休みを過ごそうと思います。

 

もう帰れる家がないんだと、少し気が重かったんですが、そう言ってもらえてやっと切符の予約も取りました。

大晦日には高校時代からの友人たちにも会うことが決まり、妹や姪っ子との予定もあれこれ考えながら、楽しみに毎日を送れそうです。

 

ちょっとしたことで揺れ動き、浮き沈み。寂しがり屋な毎日は、555日経ってもやっぱり変わりません。

でもひとつ確かなことが言えるとしたら、もうお酒には逃げないだろうな、ってこと。

弱音や本音を聞いてもらえる大切な存在が、たくさん出来ましたから(^^)

もうそれが、何より嬉しい555日の成果です。

 

青猫はお酒を捨てた。

経験値555を手に入れた。

断酒クエスト、ロールプレイングな断酒の旅は、まだまだ続きます(^^)/

 

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村