読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青猫日記〜断酒とジムと日々色々

断酒とジムと、他愛のない毎日の記録。

人生最悪の友人

こんばんは。断酒546日目の青猫です。

引き続き、今季最低気温更新中。

外は真夏に冷凍庫を開けた時のような、そんな空気。

……嬉しくないです、星はとっても綺麗なんですが(^^;

昔(ほんの547日前)なら、こんな凍える寒さの日でも、飲みに行ったりしていたんですけどね。

こっちの人たちは、吹雪だろうが何だろうが、仕事は行くし遊びに行くし飲みに行くし……ホントたくましいです。

 

aonekoon.hateblo.jp

 

青猫アーカイブス(^^)

この日記、タグ付けとか全くしてません。

だから書いた私でさえ、見つけるのには検索使ってます(^^;

最初は、こんなに色々書けると思わなかったので、書きっぱなし状態のまんまなんです。

でも、沢山のみなさんに読んでいただけるようになって、こんな私の記録でも、少しはお役にたてないかなーと思ったりしています。

そのうち、ちょっと整理整頓する予定です。私のことだから、いつになるかは分かりませんが(^^;

 

断酒している人が、よく「お酒は別れた恋人」って例えていますよね。

とっても好きだった、良い思い出もいっぱいもらったけど、もう私たちは一緒にはいられない。今までありがとう、さようなら。みたいな。

 

私にとって、お酒は「恋人」というより「悪友」でした。

 

今までつるんで、散々面白可笑しく過ごして来た。

おだてられていい気になって、失敗して大変な目にあってきた。

そんな時、悪友はサッと逃げて姿をくらまし、ほとぼりが冷めたころにまたやって来て、悪い言葉を耳元で囁く。

「この前は運が悪かっただけ、今度は大丈夫。また楽しくやろう」

どんなに縁を切りたいと思っていても、なかなか切れない。

独りぼっちになるのがイヤで、ついまた誘いにのって一緒に行ってしまう。行けば待っているのは、都合のいい、自分勝手な友情と言う名の悪だくみ。

どうしてついて来てしまったんだろう。

酔いが覚めると、そこにあるのは後悔ばかり。

それなのに、呼ばれるとまた、行ってしまう。

切っても切れない腐れ縁。いつまでもつきまとう、黒い影。悪友。

 

今、断酒して完全に「悪友」と切れていると思っていても、油断は禁物なんです。

ヤツはいつでも、どこからか隙をうかがってる、違いますか?

心が折れそうなほど辛い時、この世のならゆるものが遠くに見える切ない時、消えてしまいたくなるような絶望の時。

断酒したからと言って、良いことばかりじゃありません。

見えて来る素面の現実は、今まで以上に鋭く胸に突き刺さってくることでしょう。

そんな時、悪友がいつの間にか横にいて、「飲もうよ。飲んじゃえよ」って誘うのです。

人生最悪の友人。

 

決意を固めなくてはなりません。

孤独に耐える、強い意志を持たなくてはなりません。

今まで飲まないで来た日々という、心の支えをかざしながら。

私たちの求めるものは、もっと、ずっと先にあります。

今やっと、その道を歩き始めたところです。

 

今宵も悪友の誘いに負けなかったみなさん(^^)

明日も一緒に、歩いていきましょうね。

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村