読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青猫日記〜断酒とジムと日々色々

断酒とジムと、他愛のない毎日の記録。

私の失敗

こんばんは、断酒503日目の青猫です。

昨日のブログにたくさんの温かいコメントをいただき、ありがとうございました。

昨夜はブログだけに留めておけば良かったのでしょうが、直前に彼女への応援を求めるツイートをしたことが、思わぬ反響を呼び戸惑いました。

 

連続飲酒を止めるため、応援の意味で「いいね」を押して欲しいと、急に思い立ちました。

私も毎日、ツイッターでたくさんの「いいね」を押してもらって、それがとても嬉しく勇気づけられています。

彼女にも、その喜びを、力を感じて欲しい……そんな軽い気持ちでした。

でも、問題が「連続飲酒」という、アルコール依存症である私たちが最も恐れるものであることを、私はうっかり軽視していました。

 

断酒に続く道は、人それぞれ、決して簡単な言葉で語れるものではありません。

誰もが忘れられない過去を抱え、日々を懸命に生きています。

そんな時、不意に過去に引き戻されるような「連続飲酒」の言葉。

軽率でした。

「問題が連続飲酒だけに、気持ちは複雑。とても応援なんて考えられない」と、苦言を呈してくれたのは、いつもそばにいて、心を通わせている友でした。

ハッとしました。

そうだった。私が軽く考えていたことは、実はとんでもなく深くて重い問題でした。だからこそ、彼女は苦しんでいるというのに。

そして私のこの投げかけで、傷つけてしまった人がいる。

一連のツイートを見れば、彼女もきっと傷つくでしょう。

いっぺんに、多くの人を不幸にしてしまった……。

言葉の大切さを知っているはずなのに、その大切な言葉で人を傷つけてしまいました。

本当に、反省しています。心が痛いです。

 

どうしよう。もうツイッターに、いる場所がない。

本当に、そう思いました。

毎日欠かさなかった朝の挨拶も、絶対ムリ。

チカチカとモニタに現れる通知を確認するのが怖かったです。

でも火をつけてしまった以上、消さないわけにはいきません。

反論に同意する「いいね」、ツイート、「自分をしっかり持って」と励ましてくれるツイート……どれも見るのが辛かったです。

 

そんな時、苦言を呈してくれた友からのツイートが入って来ました。

驚きました。

もし、昨夜のことが原因で、大きなストレスから飲酒を呼び起してしまったらどうしようか……私はそんなことまで考え恐れていたのです。

 

でも、友は強かったです。

私に明るくおはようの挨拶をしてくれました。

乗り越えて来た力強さ、大きな優しさ。

連続飲酒の彼女に勇気を贈るつもりが、私の方が力づけられることになるなんて。

 

これでは、私が隠れている訳にはいきませんよね。

一瞬にして黒いオセロが白に変わった瞬間でした。

 

本当に、ツイッターやブログからどれほどの力と恵みをもらっていることでしょう。

反省と感謝の気持ちは、これからの自分がゆく道で、お返ししなくてはと思っています。

 

ありがとう。

私が静かな水面に投げた石の波紋が、どうぞ彼女の心にも届きますように。

ううん、絶対に伝わっていく。

そう信じて、待ち続けます。

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村