読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青猫日記〜断酒とジムと日々色々

断酒とジムと、他愛のない毎日の記録。

帰宅

こんばんは。断酒480日目の青猫です。

帰って来ました。

今夜は久しぶりに、自宅のパソコンでブログを書いています。

iPhoneより、反応鈍いです(笑)

 

今朝もパンパンのゴミ袋10個ほど、雨の中を捨てに走りました。

部屋がかなりガランとして、ゴミ屋敷状態からは脱しました。

今日は帰ったら早速、事務処理に必要な書類を揃えなくてはと考えながら。

スーツケースを閉じて、玄関へ。

その時、ふっと思い出してしまったのです。

 

冬休み、夏休み、そしてゴールデンウィーク

ドアを開けて、玄関にスーツケースを入れてリビングに声を掛ける自分。

「ただいまー!」

いつもの場所から変わらず

「おう! 来たか」

そう言って嬉しそうな笑顔を見せてくれた父は、もういないんだ。

私はこの家のドアを入って来て、「ただいま」ってもう言えないんだ。

これから始まる、娘に戻る休暇がとても楽しみで仕方なかった。

喧嘩もしたけど、お喋りもして、帰るときはお互いわざと素っ気なかった。

「大丈夫だから」

いつもそう言って、父は私を見送った。

意識のある父が、苦しい息の下から言った最期の言葉も「大丈夫だ」であったと、葬儀の時に聞いて、たまらなくなった。

 

迎えに来た妹に、「もう、ただいまって言えない」とべそをかいた。

「じゃ、言いなよ! ドア入って来て、言いなよ!」

「でももう、お父さんはいない……」

答えてくれる声は、もう聞こえないのだ。

 

私の出来る片付けは終わってしまい、ふとした瞬間に思い出しては涙があふれた。

妹もそうだと言った。

父と過ごした6年間、そこにもここにも、思い出が顔を出す。

妹がお骨を、私は父と母の遺影を持ってこの家を出てゆく。

長くて短かった一週間。

新幹線はあっと言う間に東京を後にした。

父と母は今、我が家のリビングで笑っている。

留守中散らかり放題の部屋を見て、呆れているのかも知れない。

明日はちゃんと片付けるから、今日はそこで笑って見てて。

べそべそしながらブログを書いてる、本当は泣き虫な娘のことを。

 

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村