読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青猫日記〜断酒とジムと日々色々

断酒とジムと、他愛のない毎日の記録。

飲むことは、すべてじゃない

こんばんは。断酒459日目の青猫です。

心配していた台風、ほとんど雨も降らず、夜更けに風が強くなりましたがそれも今は静かになりました。

でも、大変な被害が出ている地域もあり、心配です。

虫たち、今夜も鳴いています。

こうしてまた、ブログを書けることに、感謝します。

 

「今日は飲まずにいよう」と毎朝決意。

でも夕方になるとそわそわうろうろ。

帰るなり冷蔵庫を開けている自分。

「やっぱり明日からにしよう」

そして翌朝、重たい体を引きずって

「今夜こそ飲まない」……無限ループの出来上がり。

 

健康保険組合のチャレンジで「休肝日を作ろう」と頑張る1ヶ月。

連続した2日間を飲まないことが「休肝日」。

賞品目当てに辛い2日間を過ごす。

休肝日明けの3日めは解放感に浸って思いっきり飲んだっけ。

どこかで読んだ。

「飲んでしまえば、量はもう関係ない。休肝日より、飲む量の問題」って。

すっかり履き違えて納得してた。

「アルコールの量が多くても少なくても、結局飲むんだから関係ないんだ」って。

免罪符もらった気分で罪悪感なく飲んでいた。

 

でもね、やっぱり二日酔いの日が続くと、気になり始める。

特別な日だけ飲めればいいや。

新年会、忘年会、送別会、懇親会、週末。

普通の日だけ飲まずにいよう。

そんな風に出来るんだって、思ってた。

そして繰り返す無限ループ。

 

「断酒は生涯飲まないこと」

「禁酒はある一定期間飲まないこと」

 

断酒なんて大変なこと、出来るわけないって思ってた。

でも、また違った。

「いつ飲もう」「いつ飲もう」って、そんなことばっかり考えてしまう禁酒は心が疲れてしまう。

「もう飲まない」「必要ない」って切り離せる方が、どんなにラクか。幸せか。

 

飲むことは、すべてじゃない。

私の人生は、飲むことじゃない。

 

本当にね、私は禁酒が出来るんだって思っていたんですよね。

でも、断酒ブログを読んでその違いを知って、ツイッターを始めて断酒する人たちの決意を知りました。

そしてやっと、たどり着いたのです。

「私、断酒なんだ」って。

 

それからの毎日は、いつもここに書いている通りです(^^)

飲めなくなって終わったはずの人生は、ちゃんとここで、動いてます。

 

 

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村