読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青猫日記〜断酒とジムと日々色々

断酒とジムと、他愛のない毎日の記録。

父と過ごす夏

こんばんは。断酒444日目の青猫です。

誕生日の次の日がキリ番というおめでたい夏(^-^)

 

今日は父と映画に行って来ました。

前日にネット予約した座席は父のこだわりで一番後ろ。

ここだとゆっくり飲みながら映画を見られるのだと言って、いつもここです。

夏休みに何の映画を見ようかと、断酒ツイッターで話した時にほとんどが、映画館での飲酒経験ありと答えていたことを思い出します。

父も、いつもこっそり缶ビールのロング缶を忍ばせていました。

最近は映画館の中で買うようにはなりましたが、飲むことには変わりなく。

でも今日は「ビールはやめとこうかな」と言うではありませんか。

そして買ったのはアイスコーヒー。

私は中が冷房で冷え込むことも考えてホット。

二人分の飲み物を持って、最上部最後尾の席に向かいます。

とてもゆっくりと歩く父。

やっと席にたどり着いた父。

かなり息があがっています。

春に一緒に「ズートピア」を見たときは、平気だったのに。

 

帰宅後すぐにビールを飲む父。

喉の渇きをビールで癒すのは変わりなく。

そして夜。

「焼酎お湯割り、ちょうだい」

これは昨日も、「ビール取って」「缶開けて」とドキッとするようなことを言われたばかり。

ツイッターでつぶやくと、すかさず「小料理屋の女将になりましょう」という上手い切り返しが、断酒友だちのはるかさんから。

なるほどねぇ。仕事だと思えばお酌だって、凛としてこなせるかも。

でも、ちょっと今日のオーダーには面喰らうかな(^^;;

 今まではサッと自分の飲み物は準備して、私にこんなことを言ったりしなかったんですけれど。

 

歳、とったなぁ。

朝から飲まなくなって、階段を上るのも一苦労で、自分の飲み物を作りに立つのも億劫で。

綺麗好き、掃除好きなのに「掃除出来てないからゴミ屋敷だよ」と言って驚かせたり……実際には、いつものキチンと片付いた独り暮らしで、我が家より数倍ちゃんとしていましたが(^_^;

 

アル中の遺伝子は、しっかり父から受け継ぎました。

いつもお酒と共にあった父の姿。

10年前、突然大病を患ってから、まるで崖から転げ落ちるみたいに、ありとあらゆる病が一気にやって来て。

それでも飲むことをやめなかったのに。

いつも自分を貫いて、頑固一徹だったのに。

反面教師そのものだった父。

でもその大きかった背中を、いつまでも憎んでいたかった。

 

映画が終わり、すべての人が立ち去るとゆっくりと腰を上げ、ソロソロと歩く父。

ひんやりとした父の手を取りながら、一歩ずつ、階段を降りました。

外はもう、秋の気配。

 

これからも 断酒の決意 固くせん

君を守りし 幾年の夏

 

 

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村