読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青猫日記〜断酒とジムと日々色々

断酒とジムと、他愛のない毎日の記録。

断酒飲み会応援団!~その1~飲まない理由

こんばんは。断酒431日目の青猫です。

 

ツイッターのお友達が、断酒後初めての飲み会に出席するかも知れないと悩んでいます。

私と同じく職場の、ほぼ全員参加が暗黙の了解事項のような、そんな飲み会らしいです。

今までは、宴会部長、盛り上げ役、勧め役として自他ともに認める存在だったようで、何となく自分と似た境遇にある気がしています。

お友達が悩んでいるのは、みんなが飲み会を楽しみにしている中、いつも宴会をリードしてきた自分が飲まないということで、その場の空気を悪くするのではないかということ。

わかります、わかりますよ~~!

私も初めての飲み会…新年会では、本当に悩みましたから。

自分のまだ浅い経験も踏まえて、断酒飲み会について考えてみたいと思います。

 

飲まない理由

まず、「自分はアルコール依存症だから」とは言わなくて良いと思います。

まだまだ、アルコール依存症に対する世間の風当たりは冷たいです。

いや、冷たくて当然の飲み方を私たちはしてきてしまったわけですが。

でも、あえて自ら社会の荒波と偏見に飛び込むことは、しないスタンスです。

たとえその爆弾で飲まないことが成功しても、今後の社会生活に大きな支障が出るでしょう。

じゃあ、どうするの?

お友達は、病院にも行ってないし検査の数値が悪いということもない(らしい)ので、嘘は言えないと悩んでいます。

この際、嘘も方便だとは思いますが、私も同じく、すぐに顔に出るし言い訳がましくなっちゃうタイプです。

じゃあ、嘘じゃない理由で説明すれば良いのです。

 

青猫作戦その1「飲み会回避パターン」

「実はね、もう50日近く飲んでないんだよね」

「えー!どうしたの? どこか具合でも悪いの?」

「うん、もう全然飲みたいと思わないんだよね。飲むとすっごく気分が悪くなるし、何日も気持ちが落ち込んじゃって、何だかとっても辛いんだよね」

「それは心配だねー。ちゃんと病院行った? 検査した?」

「それが、まだなんだよね……」

「ダメだよ!ちゃんと病院行かなきゃ。怖いかも知れないけど、検査もしっかり受けて来て」

「そうだね。やっぱり、こんなに飲みたくないなんて、どこかおかしいよね?怖いけど、病院行ってみようかな」

「それがいいよ! 飲み会なんか出なくていいから! 元気になってから、また飲もうね」

 

さて、いかがでしょう?

嘘はひとつも、ついてませんよね?(^^)

このセリフ、思いっきり気だるげに、ため息交じりで言うところが最大のポイントです。

出来れば飲み会の幹事的存在の人か、スピーカー的存在の人に話しておきたいですよね。

もしくは親切な人。その人がきっと、みんなにこの情報を流してくれますから。

 

では、これでも「じゃあ飲まないでいいから参加して」と言われたら……?

次回に続きます(^^)/

 

aonekoon.hateblo.jp

 

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村