読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青猫日記〜断酒とジムと日々色々

断酒とジムと、他愛のない毎日の記録。

飲まない飲み会参戦記

こんばんは。断酒425日目の青猫です。

今日は会社行事のちょっと大きな飲み会に行ってきました。

お祝いの会で、我が部署からも該当者がひとり。

仲間の晴れ舞台をお祝いに行く気持ちで参加して来ました。

 

会場が私の運転でも行けそうだったので(笑)、今回は愛車「流星号」で出掛けることにしました。

それが、かなり「飲まないぞ」という決意、安心感に繋がって、気持ちのざわつきを感じることがありませんでした。

 

自分が一番信じられないんですよね。

目の前に冷えたビールを注いだグラスなんか出されたら、ついフラフラと口をつけてしまいそうです。

 

乾杯は冷酒でした。

すでにテーブルに準備されていて、仕方なくグラス持って掲げて、まわりの人とカチンとするくらい。

そっと匂いをかいだら、懐かしい香りがしました(^^;

さっさと隣りの人にあげちゃいましたよ!

危険物処理は迅速に。

 

そうそう、とんでもないサプライズがあったんです。

参加者の中に、私が断酒を決意した飲み会の主役、元部長がいたんです!

それも、クジ引きで決めたテーブルが同じで(^^;

うわー、どうしよう。この人が、とんでもない呑兵衛なんです。

職場でも挨拶代わりに「昨日はかなり飲んだんでしょう?」とか「お疲れさまでした」って帰ろうとすると「帰ってまた飲むんだろう」と必ず言う人で。

これって今の私に対してだったら、完全にパワハラですよね。

 

同じテーブルであれこれ言われたら、イヤだな~と思っていたら、たまたま席を替わってくれた人がいて助かりました。

でも、今度は移ったテーブルの隣りの席が、お局さまだというサプライズ(笑)

お局さまは張り切って、大きな声で

「あのねー、青猫さんはもう一生分飲んじゃったから、飲まないんだって」と説明してくれました(^^;

そしてみんな、大きくうなずいて納得してるし……(^^;

ま、いっか。嘘ではないし(笑)

 

会場に行く途中で、お局さまをピックアップして行ったのですが、車内で

「ねえ、そんなに数値悪いの?」と聞いて来ました。

「うーん、ウチ、心臓病家系なんですよね。部長の送別会の次の日に、ひどい発作が来ちゃって」

「なにそれ! 心臓病なの?」

「アルコール性心筋症っていうんです。アルコールって心臓に負担がかかるでしょ?調べたら(ネットでだけど)飲まないことが一番の治療法だって」

「ふ~ん、そうねぇ。あなた、飲み始めると抑えるってことをしないもんね。私みたいに、パッと切り上げるってことが出来ないから」

「そうなんです。私はゼロかマックスかどっちかなんですよね。だったらもう、ゼロでいいかなって」

「そうかぁ~、そうだったのかぁ。可哀想だねぇ」

「可哀想ですよねぇ~(まだ飲んでるあなたが)」

 

飲み会の余興は全員参加のビンゴゲームでした。

とっても盛り上がって、私も早々にビンゴ!

賞品はこれ!うれしい~~(^^)

 

 

何だか、すごくシラフの解放感。飲んでる人たちを見て、優越感のようなものさえ感じている自分がいました。

ウェイターさんにコソッと「炭酸水ありますか?」と聞いたらサッと1本渡してくれて、それもラッキーだったと思います。

しっかりマイポッカレモンも持って行きましたよ(笑)

 

 帰りは仕事仲間3人を自宅まで送り届け、こちらも無事、大役を果たすことが出来ました。

頼もしい相棒、愛車にも感謝です(^^)

そして何より、断酒仲間のみなさんの応援が今日を無事に終わらせてくれました。

ありがとうございました!

 

今日も明日も、おんなじ飲まない一日。

二日酔いのない爽やかな朝に感謝です(^^)/

 

 

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村