読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青猫日記〜断酒とジムと日々色々

断酒とジムと、他愛のない毎日の記録。

あなたの声が聞きたかった

こんばんは。断酒423日目の青猫です。

今日は久しぶりに強烈なストレスを感じました。

やらねばならない仕事が山盛りで、さらに追い打ちをかける飲み会の予定。

 

私が「こんなに忙しくって、水曜日に飲み会なんて行けないよ~」と言ったらお局さまが「何言ってるの!今日と明日、残業してでも水曜日は来なくちゃダメ!

私なんか、余興の準備で大忙しなんだから!」「………」

 

お疲れ様です! 仕事より飲み会大事かよぉ~~!って胸倉つかんで(笑)叫びたくなるのを必死でこらえましたよ(^^;

さらに、先週余興の話をしていて、部長に「私が司会やるから、青猫さんに挨拶振るのでヨロシク」と言われたことも、ストレスレベルを上げていたんでしょうね。

あ、挨拶はしっかりお断りしました(^^;

みんなで、お祝いする人へのスピーチ内容を考えていた時に、おもしろエピソードをどんどんネタ出しする私に白羽の矢がたったわけなのですが、冗談じゃありません。

当日は本当に忙しくて、遅れて行くことが濃厚なのに、スピーチなんてとんでもないですよね。

「原稿は書きますけど、読むのは別の人に」と言っておきましたが、通じたかどうか?

きっと、そんなあれやこれやが強いストレスになったんだと思います。

 

胸の奥にある大きな黒い塊は、ミシッと音を立てて私を押しつぶしそうです。

この前は、ジムが休みで必死になって外を走っていました。

無我夢中に走って、頭の中を空っぽにしたくって。

でも今回は違いました。

「みんなの声が聞きたい」って、そう思いました。

 

「みんな」は一緒に断酒を頑張るツイッターの仲間たち。

特に会話がなくてもいい、みんながにぎやかにお喋りしている、元気な声を聞きたい……。

きっとそれは森の中を歩くように、枝の間からこぼれ落ちる光のように、私の心をやわらかく溶かしてくれるはず。きっと。

 

不安な気持ちを書き込むと、ひとり、ふたり……気がついて優しい言葉をかけてくれました。「いいね」を押して「見てるよ」と伝えてくれる人たちも。

私のツイッターの通知欄は、そんなみんなのアイコンでいっぱいになりました。

話していると、他にも不安な気持ちを抱えていた人たちがいることもわかり、私だけじゃなかったんだということに、気持ちが軽くなりました。

 最初はそんな悩みをそれぞれに口にして、気がついたらいつもの他愛ない、楽しい会話になっていて……黒いストレスの塊も、いつの間にか消えていました。

 

本当に、独りじゃないことに感謝します。

どんな時も、ストレスの現況は孤独な気持ち。

怒りの気持ちがいつの間にか、自分自身に向かっていって、自分で自分を否定し始めてしまうのです。

自己嫌悪、絶望、存在意義を問う………。

ぐちゃぐちゃになった心をそっとすくい上げてくれるのは、「大丈夫?」「がんばろうね」「私もだよ」っていう、言葉のシャワーなんですよね。

 

だから私も、そうありたいなって思います。

自分が受けた優しさを、誰かのもとに届けたい。

そしてまた、誰かがそれを手渡して。

 

今日は本当にありがとうございました。

明日も一緒に。断酒で笑顔に(^^)/

 

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村