読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青猫日記〜断酒とジムと日々色々

断酒とジムと、他愛のない毎日の記録。

忘れていたい過去もある。

こんばんは。断酒416日目の青猫です。

三連休最終日。

お天気も良く、朝は走れたし、出掛けるまでの時間で塩麹と新生姜は仕込めたし。特にどこへ行くでもないけど、気になっていたことをやれてそれだけで満足。

そう、私の幸せ度数はいつでも低め。

空を見ては幸せで、グラノーラが美味しければ幸せで、ベランダにクワガタが来れば幸せで……(^^)

 

アルコールに支配されてきた過去。

楽しんでいた自分も確かにいた。

でも、やっぱりイヤな事実があったことは否めない。

今までは、思ってた。

断酒するのに、過去を引きずるって必要?

あえてイヤな気持ちをかき回すのって、必要なのかな?って。

でも、今は違う思いであふれてる。

過去があるから、今がある。

飲んでいたから、断酒が出来た。

普通に飲める人だったら、こんな葛藤も絶望も知らなくてすんだかも。

これって不幸ということなのかな?

でも、でも、何事もなく平穏無事な毎日では、

こんなに空を見ることは、たぶん無かった。

虫や鳥や植物の息吹に、こんなに喜ぶことは無かった。

インターネットという匿名の世界で、知らない人とこんなに深く語り合うことも、たぶん。

 

過去を大切にしたいなって思い始めたのは、最近のことで。

自分もちょっとは成長したな、なんて思っていたけど、違ってた。

夜に入った友だちからのLINE

「あの子が会いたいって言ってるよ」

言葉ひとつで、私を暗い思いに引きずり込むのに充分だった。

 

学生時代の仲良しグループ。いつも何でも一緒に過ごした。

それでも合わない人はいて、私はいつも傷ついていた。

誰もそのことは、知らないはず。

だって顔になんて出せなかった。

精一杯に調子を合わせて、置いていかれないように、ひとりにならないように。

 

卒業して離れて、私はとても遠くに暮らすことになったけど、

本当に親しい友人との繫がりは続いていて、それだけで充分だったのに。

こんなに年月が流れても、傷は消えてはいなかった。

そんな自分が情けない。

毎日心を語りながらも、ホントの私は過去にまだ捕らわれたままなんだ。

 

重たい塊が胸の奥に突っかえている、この感覚には覚えがある。

いく夜ものときを飲み続けた、あのときと同じ想い。

来るのかな? 飲酒欲求。飲みたくなったり、するのかな?

 

自問自答しながら、月を見上げる。

今夜は久しぶりに月と星とが仲良く見える、そんな夜。

お酒を飲んでも、何も変わらないよね。

そう、今までの400日は決して無駄じゃなかったよね。

思い出したくない過去もある。

許せない自分がいる。

全部事実。すべて真実。

それでいいじゃん?イイコじゃなくても、いいんじゃないの?

 

イヤな私の棚卸し、今夜はこれで精一杯。

明日になったら「これで良かった」って、自分に言ってあげられるかな。

 

 

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村