読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青猫日記〜断酒とジムと日々色々

断酒とジムと、他愛のない毎日の記録。

ごめんね、あの日の私。

こんばんは。断酒415日目の青猫です。

日曜の朝に軽く走るようになって、今日で3回目。

梅雨空が心配でしたが、起きたらまだ降っていない!

今でしょ!と家を飛び出したまでは良かったのですが、何だか小雨が。

小雨も気持ちいいよね!と走り始めたら、どんどん本降りになってしまいました。

ゆっくり、まわりの景色を楽しみながらのはずだったのが、もう大急ぎで。

ランニングアプリが人の気も知らずに「いいペースですね!この調子」とか言っていました(笑)

 

何故なんでしょう。毎日のように何かしてますね、最近。

私は子どもの頃からインドア派で、体育の授業も好きではありませんでした。

運動神経がゼロで、何をやってもとにかくヘタ。

走るのも遅いし、球技も足を引っ張る役目で、すっかり運動嫌いになっていました。貧血がひどくて、マラソンなんかは一時ドクターストップがかかっていたこともあります。この時は、走らなくて良いとのお墨付きをもらって実は嬉しかったのですが、とにかく私は体を動かすことに縁がありませんでした。

あ、ひとつだけ、野球が大好きだったので、ソフトボールだけは積極的に部活動もしていました。

実は「肩だけは強いノーコンサード」でチームの成績は散々でしたが、この時はとても楽しかったです。

 

こんなに運動とは無縁だったのに、今ではジムに通ったり走ったりしているなんて、どういう風の吹き回し?という感じですよね。

これは、今までの罪滅ぼし…なのでしょうか。

飲んで飲んで、自分で自分の体を痛めつけていました。

危険信号を発するはずの脳がアルコールにやられて、内臓が悲鳴をあげていることにも気づかず、ひたすら「酔い」を求めて飲み続けてきました。

 

顔がむくんで、酷い吐気。つまみを食べない空酒派だったので、水分ばかりが排出されます。下痢も酷くて、体中に水分はこんなにあるのかと驚くほどでした。

二日酔いじゃなくて、違う病気なんじゃないかなんて真剣に考えたり。

でも、夕方あたりからケロッと回復してしまったので、これはすべて、お酒が原因だったのだとホッとしてまた飲むという始末。

どうしてお酒が原因だと、安心なんでしょうね?

二日酔いは病気じゃない、自分が弱くて代謝しきれなかったせいだ、もっと強くなりたいなんて………馬鹿なことを真剣に考えていたんです。

 

ごめんね、あの頃の私。

もっときちんと意識していれば良かった。

アルコールは薬物で、とても危険な飲み物なんだってこと、ちゃんと勉強しておくべきだった。

二日酔いになった時、これはおかしいと気がついて、これからは気をつけようと思うべきだった。

 

きっと、だからなんですね。

何かしなくてはと思い始めて動いてみたら、すごく体が喜んでいるなって感じられました。

大人になってからの運動は、成績表も記録も全然関係なくて、誰からもランク付けされたりはしません。

ただ楽しいから。出来なかったことが、出来るようになってくる過程が楽しくて、そのワクワクした気持ちや達成感が、軽~くアルコールの万能感を飛び越えたんです。

酔った時のあの感覚は飲んでいる時だけですが、体を動かして得た満足感と喜びは、いつまでも体の中に残っていて「またやろうよ。もっとやろうよ」と私に話しかけてくるのです。

運動依存? いいじゃないですか。

お酒飲んでることと、比較対象にはならないと思います。

今、こうして飲まないでいられる自分をちゃんと褒めてあげて、そしてあの日の自分に謝りたい。

 

ごめんね、私の中の小さな私。

もう大丈夫、あんな怖い夜は二度と来ないから。

頑張るから、私はあなたを守るから。

私の中の小さな私。

ずっと昔に夢見ていた、楽しいことをいっぱいしよう。

ずーっと、ずーっと、すーっとだよ。

 

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村