読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青猫日記〜断酒とジムと日々色々

断酒とジムと、他愛のない毎日の記録。

暗闇が深いほど

こんばんは。断酒410日目の青猫です。

今日は仕事があれこれ雪崩れて来て、精神的に参りました。

やってもやってもやっても、終わらない。

当然のように残業でしたが、我に返ったらどうにか今日の分は終わってました。

こういう時って、ありますよね。私だけかな~?

 

もう、飛ぶようにジムへ! コアトレの時間に間に合っただけでも、今日は良い日だったと思えてしまいました(笑)

自分にとって、どれだけジムが大事な存在か再確認したような。

 

もう、昨日の不安も今はどこかへ行っています。

また日が近くなればムクムク湧き上がってくるのでしょうが、とりあえず、今は晴れ(^^)

私は悩みが持続しないことが悩みの呆れた性格ですが、断酒していく中で、みんなそれぞれ深くて暗い悩みを抱えているんだと思います。

私にも、その暗い闇はありますよ。今は忘れていられる、ただそれだけ。

いつ闇に飲み込まれるか、それは誰にも分かりません。

今日も断酒や私生活に悩む切ないツイートがいくつもありました。

 

闇と言って思い出すのは、震災時の停電のことです。

東日本大震災では、なかなか電気が復旧しませんでした。

特に当日は、強い余震の続く中、街灯も窓の明かりもない、真っ暗闇を経験することになりました。

その時、我が家にあったのは小さな細い数本のろうそく。

子供たちのバースデーケーキに付いてきて、使わなかった分を取っておいたのです。夫がそれを見つけてきて、やっと灯りがともりました。

小さなろうそくは、あっと言う間に燃え尽きてしまいます。

まるでマッチ売りの少女のように、次々ろうそくに火をつけました。

大きなろうそくがあれば、もっと明るかったのかも知れません。

それでもその灯りを頼りに食事をし、無事を喜ぶことが出来ました。

 

 

どんなにちっぽけな光でも、とても明るいことがある。

それは私が真っ暗で、底なしの闇に落ちたとき。

太陽の光も届かない。月の光も届かない。深い深い闇の底。

深い漆黒の底だから、小さな明かりに気がついた。

本当に、ちっぽけな。闇でなければ見つからなかった、小さな希望。

それは誰かの言葉かも知れない。

それは何かの思い出かも知れない。

それはあの人の涙かも知れない。

 

顔を上げて探してごらん。

あなたの闇の中にある、小さな小さな、小さな光。

それは、あなただけの光。

あなただけを照らす光。

あきらめないで。くじけないで。願うことをやめないで。

 

きっとある。小さな光はきっとある。

顔を上げて、そっと立って、手をのばして。

見つけられるのは、あなただけ。

あなただけの、幸せの光。

暗闇の今だから、つかむことが出来るんだ。

もう暗闇も、こわくない。

あなたに光が、ほほえんでいるから。

 

 

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村