読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青猫日記〜断酒とジムと日々色々

断酒とジムと、他愛のない毎日の記録。

あなたに ここに いてほしい

こんばんは。断酒394日目の青猫です。

今日は穏やかな日曜日でした。雨は降らなかったけど、気温が低くて風が冷たい。

でも明日からの一週間は、夏のような暑さになるという予報です。

 

お天気が不安定だと、体調も崩しがち。

心もお天気と一緒に、どんより曇ったり、晴れたり、泣いてみたり…してないですか?

今夜はそんなあなたへの、青猫のひとりごと。

 

何となく、気がついてました。

ちょっと元気がないな、って。

それでも、あなたは「ありがとう」って私に無理して笑って見せたね。

少し開いた傷口が、その時ちらっと見えた気がした。

あなたの姿が見えなくなって、悲しみだけが落ちてた場所に、私は今、立ち尽くしてる。

 

いつもお気楽元気印、そんな私に分かるわけないって思ってる?

そうだね。今の私は、あの頃とはまったく別人。

私にも、おんなじ時があったって言ったら、あなたは信じるかな?

 

真っ暗な夜のベランダ。月と星の明かりが辛くて、月なんか隠れてしまえと思ってた。怖い顔をしてたと思う。

自分なんかがいなくても、朝は来るし夜は訪れ、だーれも困りはしないんだから。そういう冷たい心を抱え、部屋から聞こえる笑い声に耳をふさいで、真っ暗なベランダで下をのぞいて乗り出した。

家族を持ったはずなのに。居場所が無い居場所が無い居場所が無い…どこへ行こう? どうすればいい?

ぐるぐる回る頭の中をどうにも出来ずに泣いていた。

月だけが、私を見てた。

 

どうやって闇夜のベランダから戻って来たのか、今となっては、まったく思い出せない。ホント残念なんだけど。

覚えていたら、あなたに「これ!」って手渡せたのに。

顔を上げて、前を向いて、自分のまんまが一番いいって思えるようになった、あの魔法はどんな呪文だったのか、ちっとも思い出せないよ。

 

でもね、これだけは分かる。

私はあの夜からの生還者。

失った記憶の代わりに、ちゃんともらってきたものがある。

それはね、私と同じ心を持つ人たちを感じ取る不思議な力。

だから私はいつだって、あなたを呼び続けているよ。

消えてしまいたいなんて、言わないで。

あなたが消えたら私が困る。

何も変わらないなんて、思わないで。

あなたが消えたら私が変わる。

 

あなたに ここに いてほしい。

何度も言うよ。聞こえるまで。

あなたに ここに いてほしい。

何度も言うよ。届くまで。

あなたに ここに いてほしい。

 

今が雨なら、その雨はきっと心を洗ってくれる。

今が晴れなら、月の光がきっと闇を照らしてくれる。

風はあなたの頬を撫で、耳元でそっと囁くんだ。

あなたに ここに いてほしい。

私の言葉をあなたの元へ。

 

あなたの笑顔を信じてる。

なんにも言わなくても分かるから。

あなたの笑顔、それだけでいい。

 

夜があなたをやさしく包んでくれますように。

 

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村